松本潤、大河初主演「徳川家康役」決定にファンが安堵する理由とは?

 NHKが1月19日、2023年に放送される大河ドラマ第62作「どうする家康」の主人公となる徳川家康役に松本潤が決定したことを発表した。

 松本にとってはこれが大河ドラマ初出演で、昨年活動休止した「嵐」のメンバーの中でも初めて。脚本は「エイプリルフールズ」「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」などを書いた古沢良太氏が務める。

 松本は「初めに聞いた時はビックリしました。自分に大河のオファーが!? しかも誰もが知っている、あの家康を!? 脚本が僕も大好きな古沢良太さん!!」と驚きつつも「しかし嬉しかったのと同時に、大きな不安も感じました。そんな大役を自分が務め上げられるのかと」と不安も吐露。

 さらに「初めにこの話を聞いたのは昨年の11月。嵐として2020年いっぱいまでは走り切りたいと思ってた僕は、これだけの大きな事を決める事はできないと思い、結論を待って頂きました」と発表が年明けになった事情を明かした。

「芸能活動の休止を発表していた大野智や、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也らほかのメンバー4人と比べて松本だけはレギュラー番組もなく、2021年以降どんな仕事をするのかが発表されていませんでした。昨年最終回を迎えた『VS嵐』では、松本は『ちょっとゆっくりしますから』とは語っていましたが具体的なことは特に触れられず。週刊誌では女優の井上真央と電撃結婚の噂やプロデューサー業に意欲、などと報道されていましたが、蓋を開けてみれば大河ドラマの主演。ファンも表舞台から姿を消すわけではないと胸をなでおろしたのではないでしょうか」(芸能記者)

 ネットでも《年末まで、素敵な景色をたくさん見せてくれて、ファンに寄り添ってくれて、本当にありがとう。タイミングがピッタリあって、大河を引き受けることになってよかったです》《松潤の「嵐として2020年いっぱいまでは走り切りたいと思ってた」この言葉に涙が出ます》など松本の主演決定だけでなく、嵐としての活動に区切りがつくまで態度を留保したという仕事への真摯な態度に感動の声が殺到している。

 現在放送中の「麒麟がくる」は、同じ事務所の風間俊介が家康役を演じているが、松潤版家康はどのように描かれるのか早くも楽しみだ。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  2. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  3. 104391

    誰にも知られたくない! でもどうしたら……そんな悩みを解決に“導く”「電話占い」とは?

    誰にも言えない悩みこそ、誰かに聞いてもらいたい!──そう思うことってありませんか? 女性にとっては恋愛ごとがコレ。理解されにくい既婚者との恋愛、忘れられない元カレのことなど、デリケートな悩みを抱えている人は多いはず。他に … 続きを読む 誰にも知られたくない! でもどうしたら……そんな悩みを解決に“導く”「電話占い」とは?

注目キーワード

ランキング