“おうち時間”を充実!部屋を居心地よくするインテリアのポイント

“おうち時間”が増える中、部屋はできるだけ居心地よくしたいですよね。でも、「インテリアってどうすればいいか、いまいち分からない!」という人も多いのでは? そんなあなたに、3つのポイントを紹介しちゃいましょう。

■色のトーンを合わせる・高さを活用する

 インテリアづくりで困るのが、「色」のこと。最近流行りのオシャレな色の家電を取り入れたいけれど、ちょっと周りから浮いちゃうかも?というときは、どうすればいいのでしょうか。

 空間に馴染むデザインが人気のウォーターサーバー『フレシャス・デュオ』の新色「ローズトープ」を監修したインテリアスタイリスト窪川勝哉さんが、その発表会で“差し色”を取り入れたお部屋作りのポイントを伝授していました。それが次の2つ。

◆取り入れる小物やインテリアの「色の彩度(トーン)」を合わせる。

◆「高さ」を意識し、「空間」を使ったスタイリングをする。

 この2つを意識すると色のバランスがうまく取れ、お部屋に統一感が出るそうですよ。

 例えば、くすみピンク色の家電を配置したら、同じピンク系統の小物をいくつか配置してトーンを合わせる。また、床置きのものだけでなく、例えばウォールシェルフを備え付けて絵や花瓶を飾り、インテリアに高さを出す。これなら簡単にできそうですね。

■木製の家具はできるだけ同じ木材の色で揃える

 ビジュアルコンサルタントの能登屋英里さんの著書「小さな家でスッキリおしゃれに暮らすコツ」(翔泳社刊)によると、家具はできるだけ同じブランドやメーカーで買い揃えたり、木材の色を揃えたりするとよいのだとか。木材の色を決めるときは、床と建具(ドア)の色目に合わせるのがポイントだそうですよ。

■ウォールステッカーを活用する

 手狭な一人暮らしの部屋に長くいると、どうしても窮屈に感じてしまいがち。そこで、きれいにはがせるウォールステッカーを壁に貼って雰囲気を出せば、居心地よくなります。緑や花などのモチーフなら、自然に囲まれている気分にも!

 これらのインテリアのコツを押さえて居心地のよい空間づくりにトライし、“おうち時間”を充実させましょう!

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング