「地味に迷惑」手越祐也、“寿司を食べるためだけの北九州市訪問”に賛否!

 元NEWSの手越祐也が2月28日に自身のインスタグラムアカウントを更新。お目当ての寿司を食べるためだけに福岡県・北九州市の小倉を訪れたことを報告している。

「Helloー!みんな元気にしてる?俺は鮨を食べるためだけに前だけど小倉に行ってきたよ」と書き出した手越。写真には「桃鉄でしか行ったことなかった門司港」や、門司港駅の駅舎前で撮影したものが添付され、「スタバもレトロな感じでめちゃオシャレだった!ああいう観光地が落ち着いたら人で溢れたらいいなぁ。。」とコロナ禍の煽りを受ける観光業への気遣いを見せた。

 そして、「本題の鮨は『照寿し』に行ってきた!東京でもよく寿司食べるんだけど、また全然違った握り方でめちゃくちゃ美味しかったなぁ」「日本全国それぞれ美味しいものあるから食べ歩きツアーしたい」などとグルメへのこだわりを明かすと、ハッシュタグには「手越祐也オフショット」「小倉」「門司港」とのワードも並べている。

「寿司を食べるためにわざわざ北九州を訪れた手越に対し、ファンからはフットワークの軽さを指摘する声を始め、『お鮨食べるだけの旅、リッチだな』『一緒に食べ歩きしたら楽しいだろうなぁ』との反応が出た他、コロナ下の越境には微妙なリアクションも出ています。手越は、小倉を訪問したのは『前だけど』と綴っており、具体的な時期は明記していませんが、ネット上では『え?手越、小倉にきたの…地味に迷惑…』『緊急事態宣言まだ出てるのに寿司食べるために小倉行くってさ…ほんっとに常識ないな』『率先して自粛しようねって言わなきゃいけない立場なのに』『どんどん手越を見損なっていく』などと失望の声も多く見受けられました。地方の経済活性化が目的だったのかもしれませんが、タイミング的にはあまりよくなかったかもしれませんね」(エンタメ誌ライター)

 なお、手越はこれまで、自分の大切な仕事や夢を実現するためのチャンスをパンデミックのせいで諦めたくないとのスタンスを表明しており、過剰に自粛をするつもりはあまりないのかもしれない。

 それこそが“自由人”たる所以なのだろうが、あまりオープンに発信するのは控えた方が良さそうだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング