ハナコ岡部の豪快な“ギャランドゥ”にビックリ「ツルリ白肌から想像できない」

「お笑い第7世代」を代表するお笑いトリオ・ハナコ。中でも丸坊主頭にツルリとした白肌がキレイで印象的な岡部大は、ご存じの通り役者としても大活躍。昨年放送された朝ドラ「エール」(NHK)では、作曲家志望だったが馬具職人に転身し、森七菜演じる梅と結婚。キスシーンまであった田ノ上五郎を好演したことは記憶に新しいだろう。

 そんな岡部がKis-My-Ft2の北山宏光とSexy Zoneの佐藤勝利がW主演する「でっけぇ風呂場で待ってます」(日本テレビ系)で見せた、あまりにも立派で剛毅な体毛が話題になっているようだ。

 このドラマは、江戸時代から続く下町の銭湯「鵬(おおとり)の湯」を舞台に繰り広げられるシチュエーションコメディで、脚本をお笑いコンビ・シソンヌのじろう、かが屋の賀屋壮也、空気階段の水川かたまりといった名コント師が担当。それぞれ出演も果たしている。

 2月16日放送の第3話はハナコの秋山寛貴が脚本を担当。岡部は風呂に入りにきた小説家の鳥羽を演じたため、登場してすぐに脱衣シーンが。

 黒々とした胸毛やギャランドゥを披露することになったのだ。

「佐藤演じる梅ヶ丘が、岡部演じる鳥羽の胸元いっぱいに広がる胸毛を見て『樹?』と驚くセリフがありましたが、ネット上では『ゆるキャラ系の岡部の猛々しい胸毛にギャップ萌え』『意外にも男らしい立派な胸毛にキュン』『かわいい顔なのにモジャモジャすぎる胸毛で引いた』『男性の本質を見せられたようで生々しかった』など驚きの声があがっているようです」(女性誌記者)

 岡部の新たな一面は、よくも悪くも、なかなかのインパクトだったようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング