「豚こま」が主婦の救世主である事実とは?

 食費の節約として、「豚こま」をチョイスする人は多いでしょう。でも、馬鹿にしちゃいけません。豚こまは、ただ安いだけではなく、意外なメリットもあるんですよ。

 料理家の市瀬悦子さんの著書「豚こま100レシピ」(ワン・パブリッシング刊)によると、豚こまは、安くて包丁いらずでそのまま使え、栄養満点なのが魅力なんだとか。

 そもそも、「豚のこま切れ肉って何?」と言われたら、答えられる人は少ないかもしれません。これは、豚肉のバラやモモ、ロースや肩ロースなどの切れ端を集めたもの。いろんな部位の集合なんですね。切らずに使えるので使い勝手がよく、その上さまざまな部位が集まっているので、より肉の旨味が感じられるとか。もちろん、豚肉なのでタンパク質やビタミンB1が摂取でき、栄養もばっちりなんです。

 そんな私たちの味方、豚こまですが、どんな美味しい食べ方があるのでしょうか。

 前出の市瀬さんは、「豚こまトンカツ」を勧めています。「形を整えるだけで勝手にミルフィーユ状になり、やわらか~く仕上がる」のだとか。また、“ご飯が進む”メニューとして、玉ねぎと砂糖、醤油、みりんのたれで炒めたものは王道。これだけでご飯一杯、美味しく食べられるので、毎日のおかずやお弁当に重宝しますね。

 いかがですか。「豚こま」は、メリットたくさんの万能選手。その上、使い勝手がよくかなり便利です。ぜひ、さまざまな豚こま料理にチャレンジしてみてくださいね。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング