NHK林田理沙アナ、「首都圏ネットワーク」と「植物に学ぶ生存戦略」の別人ぶり

 昨年3月から「首都圏ネットワーク」(NHK)で平日夕方の帯番組にアシスタントキャスターとして出演している林田理沙アナ。「ブラタモリ」(NHK)の5代目アシスタントとして知名度を上げ、現在は不定期放送中の「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」(NHK)で「聞く人」として出演し、局アナとしてだけでなく「演技力」を披露することもしばしば。

 特に昨年8月26日に放送された「植物に学ぶ生存戦略」シリーズ4作目では、「ハラン」がキノコに擬態してキノコバエを呼び寄せ繁殖を図るという生存戦略を持っているという事実に絡め、山田から「林田さんが好きなタイプの男性芸能人は誰ですか?」と質問され、「岡田将生さんです」と告白させられる羽目になったことも。その後、岡田をハラン、林田アナがキノコバエを演じることで2人は「初共演」。ネット上には岡田と共演を果たした林田アナに対し「恥ずかしい思いをさせられたけれど、ごほうびとして共演できてよかったね」などという声があがったこともあった。

 そんな林田アナに対し、「首都圏ネットワーク」出演時の衣装やメイクを疑問視する声があがっているようだ。

「実は岡田が出演した『ハラン』の回で、林田アナは山田から『林田さんが「首都圏ネットワーク」では落ち着いた衣装を着ているのに、この番組ではやけに大人びた衣装になるのも、狙いを私に絞っているからですよね?』と指摘されるシーンがあったのですが、現在まさにそのことがネット上では議論されているようです。

 林田アナは『首都圏ネットワーク』出演時には、あまりにも野暮ったい、ダサい、少しは『植物に学ぶ生存戦略』出演時のような、トレンドや華やかさを取り入れた衣装やメイクにしたほうがいいのではないか、2つの番組を比較するとまるで別人のようだという声があがっています」(女性誌記者)

「首都圏ネットワーク」は夕方に全国放送される報道番組だからこそ、視聴していることが多いと思われる主婦層から反感を買われないように、地味な衣装やメイクにしていると思われる林田アナ。TPOをわきまえた結果、2つの番組を見比べるとまるで別人のように見えるのだろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング