メールが苦手!そんなアナログ人間の取るべき方法とは?

 仕事やスマホでのメール、どのように対応していますか?

 もしかしたら「メールって正直苦手……」「メールの返信が面倒でたまっている……」という人もいるかもしれません。そこで、アナログなみなさんに、メールをスマートに活用するためのアイデアを紹介していきましょう。

 メールにネガティブな感情を持っている人の中には、その味気なさに抵抗があるというケースもあるかもしれませんね。でも、そんなメールでもちょっとした工夫で“温かみを出す”ことはできるんですよ。

 文章の書き方などを教える会を主宰している杉本祐子さんの著書「相手をイラッとさせない! メールの好感度を上げるマナー&文例」(主婦の友社刊)によると、温もりを感じさせる一行を入れることで、無機質な文面がガラリと変わるそうです。

 例えば、「さっそくお返事をいただき、ありがとうございます」「おかげさまで助かりました」などの一文。これを入れると入れないのとでは大違い! 地味ながらも、こうした“心の交流”を続けていくことで、積極的にメールを使うようになるかもしれませんね。

 また、経営コンサルタントである鈴木誠一郎さんの著書「若いうちから身につけよう『ビジネスで成功する人が身につけている“気くばり”の極意』」(ごきげんビジネス出版刊)によると、ビジネスではメールをもらったら即座に返信することがポイントで、これをすると信頼度がアップするのだとか。出世に繋がるのであれば、やる気も出るというもの。ここはひとつ、自分のためにも仕事と割り切って、メールをスマートに使いこなしてみるのはいかがでしょうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング