平子理沙がラムちゃんに扮した姿を披露、それはまるで「昭和の悪夢」!?

20160525hirako

 タレントでモデルの平子理沙が自身のインスタグラムで突如としてコスチューム姿を公開し、賛否両論入り乱れるカオス状態に陥っている。

「平子は5月21日の投稿で『ラムちゃん風だっちゃ』のコメントと共に、『うる星やつら』のラムちゃんとおぼしき姿を披露しました。緑色の髪に猫耳カチューシャを身につけ、虎柄のワンピース水着と同柄のブーツを着用しています。背中には太鼓を背負い、バックは星空を模したもの。コスプレとしてはなかなか凝った部類に入るのではないでしょうか」(芸能関係者)

 なぜラムちゃんコスをしたのかは語られていないが、タグに「蜷川実花」とあることから、何らかの撮影なのだろう。コメント欄にはインスタグラムのお約束通り、同性からの絶賛発言が続く。「かわいい」「惚れました」といった具合だ。その一方で一部のネットユーザーは強い拒否反応を示している。その理由をアニメライターはこう説明する。

「コスプレは今でこそ一般的になりましたが、1980年代、昭和の頃はオタク文化の中でも超がつくぐらいマニアックなものでした。萌えキャラであふれる現代からは想像つかないかもしれませんが、コスプレできるキャラクターが少なかったため、ほとんどのレイヤーが大人気だったラムちゃんを演じたものです。そして、演じる人も今とは大違いで、昔は太った女性や痛いおばさんがほとんど。アラフィフのオタクたちは、ラムちゃんのコスプレは見たいけど実際に演じているところは見たくないというジレンマを抱えて育ったものです。平子のラムちゃんコスを否定している人たちは、そんな記憶を持つ人たちなのではないでしょうか」

 つまり、平子のコスプレは痛いおばさんのコスプレにしか見えないというわけだ。確かに体つきは45歳とは思えないが、顔は無理している感がありあり。彼らの気持ちもわからなくはない。

「それにラムちゃんはアラフィフ世代の青春そのもの。おばさんの歳の人に今さらコスプレアピールしてほしくありませんね」(前出・アニメライター)

 平子は侵してはいけない領域に足を踏み入れてしまったかのかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング