若槻千夏、巨大カラスに誘拐され空中浮遊したオカルト体験を告白

 タレントの若槻千夏が7月13日放送の「ラヴィット!」(TBS系)に出演し、幼い頃に体験したオカルトな恐怖体験を明かした。

 7月13日が「オカルト記念日」に当たることから、番組ではレギュラー陣が過去に実際に経験した不思議な出来事についてトーク。若槻は「小学生の時に巨大なカラスに誘拐されたんですよ」と切り出し、下校途中に男の子が普通サイズのカラスに石を投げて遊んでいたところ、森の奥から巨大なカラスが出現し、逃げ足の遅かった若槻は首をつかまれ、しばらく空中に浮いた状態だったという。

 若槻によれば、その巨大カラスの大きさは「アルファードぐらい」。また、慌てて体を振ったことでカラスは若槻を解放、空中から地面に落ちるも「ランドセルがクッションになって無事だった」と恐ろしい体験を振り返った。

 放送後、若槻は自身のインスタグラムでも「本日はラヴィット生放送にて とうとう巨大カラスに連れさられた話をさせて頂きました。連れさられたと言ってしまいましたが、“持ち上げられて、連れさられそうになった”が正しい表現です。少し盛ってしまったことお詫びします」と細かい表現の訂正をしつつ、「カラスのサイズはアルファード」とのハッシュタグを付け、そのサイズ感については訂正しなかった。

「まさにオカルトすぎる恐怖体験を真顔で明かした若槻には、ネットから『カラスの話おもしろすぎる。めっちゃ笑った』『アルファード見るたびにカラスを思い出してしまいます』『アルファードっていうところが妙にリアルで笑える』などと面白がる反応のほか、『さすがに盛り過ぎ』『ウソツキ千夏』との声も。体験したのが小学生時代なのでカラスが余計に大きく見えた可能性も考えられ、『子供の頃の記憶っていい加減なのもあるからね』とのコメントや、『現実離れした空想? 妄想?』『そんな作り話でいいなら俺もテレビに出たい』などといった反応も集まりました。

 なお、若槻は2016年7月放送の『世界の何だコレ!?ミステリー』(フジテレビ系)に出演した際も、この“カラス誘拐未遂事件”を回想。この時は、カラスを『巨大な女王カラス』と表現し、電柱の半分ほどの高さにまで連れ去られるも、必死で飛び降りたと語っていました」(テレビ誌ライター)

アルファード級のカラスによる誘拐未遂エピソード。あながち嘘ではなかったのかもしれない?

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング