寝てもすぐに目が覚めてしまう……どうすればいい?

「眠れない」「寝てもすぐに目が覚めてしまう」など、コロナ禍で多くの人が睡眠の悩みを抱えているようです。

 とくに、寝てもすぐに目が覚めてしまうのは、どうしてなのでしょうか? 実は、お酒を飲むと中途覚醒しやすくなるといわれるので、飲酒は要因のひとつといえそうです。

 また、夜間頻尿や加齢によるものとも。医師の平田幸一さんの著書「不眠 睡眠負債・睡眠時無呼吸 不眠治療の名医が教える最高の治し方大全」(文響社刊) によれば、もし夜に目が覚めて起きた後、再び眠れなければ不眠症の疑いがあるそう。深刻なようであれば、専門医を訪ねてみることも考えたいものです。

 睡眠コンサルタントである友野なおさんの著書「きょうの睡眠ダイエット」(主婦と生活社刊)によると、締め付け感や硬過ぎるといった、保温のためのソックスも中途覚醒の原因となるのだそう。

 他に、ぐっすり眠れていないと思ったら、月経前ではないかも確認してみましょう。月経前は基礎体温が上がるため、睡眠時の深部体温が十分に下がりきらず、睡眠の質が低下してしまうそうですよ。

 いろんな原因を確かめながら、途中で目が覚めてしまうという悩みを解決していきましょう!

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング