「キモい!」堂本光一、ファンへの“教育的指導”がお見事だった

 堂本光一の歯に衣着せぬ物言いが注目を集めているようだ。7月29日に「Johnny’s web」内のブログを更新したのだが、その内容が自身のファンに向けての教育的指導で、その言葉選びが素晴らしいのだ。

 現在、6年ぶりとなるソロツアー「KOICHI DOMOTO LIVE TOUR 2021 PLAYFUL」を各地で開催している光一は、移動の時にマナーを守らないファンに遭遇したという。ジャニーズ事務所の方針として、ファンはタレントを“出待ち”しない、ファンはタレントと同じ交通機関(電車、バス、飛行機等)に同乗しないといったルールがあるそうなのだが、光一は「必死に寄ってこようとするアホ」や「同じ機内のすぐ横に乗ってくるキモい人」がいたことを報告。「自分のコンサートにかける意気込みを踏みにじられている気分です」と、自身の気持ちを飾らない言葉で率直に綴っているのだ。

「自身のファンに対して『アホ』『キモい』といった言葉を正面切って使ったアイドルは、光一が初めてなのではないでしょうか。ここまで端的な言葉を使えば間違った解釈をする余地もありませんから、ファンも光一の気持ちがわかるのでは。ネット上では『これはファンではなくてストーカー』『相手が誰であってもバッサリ斬るこの感じ、めっちゃ好き』『ストレートな言い方に好感しかない』『光一にここまで言わせるストーカーまがいのファンは本当に反省すべき』など、光一に同情する声が相次いでいます」(女性誌記者)

 今年5月には関ジャニ∞の大倉忠義も、「Johnny’s web」内のブログでルールを守らないファンに対し「そろそろ限界」と綴っていたが、該当する一部のファンには猛省を促したいものだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング