さだまさし、大竹しのぶ、松本人志…「広島原爆の日」に黙とうしない五輪に心境吐露

 国際オリンピック委員会(IOC)が、五輪開催期間中の「広島原爆の日」である8月6日に、選手や大会関係者に黙とうを呼び掛けるなどの対応をしない決定をしたことについて、歌手のさだまさしは「個人的に少し残念だった」との私見を発表した。

 さだは8月5日、自身のインスタグラムを更新し「少し残念だったことは、IOCが五輪開会中におとずれる『ヒロシマの日』に黙祷などのセレモニーをしないと決定したことでした。(中略)五輪がきっかけで世界からこの国に集まり、その日の朝を一緒に迎える世界中の人々と『二度と起きないように』という想いを込めて一瞬でも心を重ねて祈ることができたらいいな、と思っていた」と複雑な心境を綴った。

 これに呼応する形で女優の大竹しのぶも8月6日のインスタグラムで「さださんの言う通り世界中の人が来ている今だから、一緒に黙祷出来たら良かったのになあ」とさだに賛同。

 ダウンタウン・松本人志も8月8日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で黙とうなしに触れ「僕はこういう時だからこそ、日本がね‥‥これはやっぱり黙とうしてほしかったっていうのはありますね」と残念な思いを口にした。

「ネット上では『敵味方関係なく平和を祈ることの何がだめだったんだろう』と疑問を投げかける人や『仮に黙祷をした際にアメリカはどう思うか』など意見がわかれました。ただ、核問題がそれほど世界の難題だということが露呈したのは、意味のあったことだと思います」(週刊誌記者)

 さだ氏らは純粋に、平和の祭典で平和を祈りたかったということなのだろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング