「翔んで埼玉」続編決定で気になる「あの執事は出られる?」

 二階堂ふみとGACKTのW主演映画「翔んで埼玉」の続編制作が決定し、8月11日発表された。

 同作は、埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に、東京都知事の息子・壇ノ浦百美(二階堂)と、埼玉出身の転校生・麻実麗(GACKT)が惹かれ合うさまを描いた抱腹絶倒のギャグコメディ。

 原作は1982年に発表された魔夜峰央氏による同名漫画。興行収入37.6億円の大ヒットを記録し、日本アカデミー賞では最優秀監督賞を含む12部門を受賞した。

 第2弾の制作に二階堂は「真面目に不真面目な大人達が集まる現場にまた呼んでいただけて、とても光栄です」と前向きな姿勢をみせたが、GACKTは「不安しかありません」。魔夜氏も「改めて言うが、正気かおまえら」と、後ろ向きなコメントだった。

 この発表にネット上では「純粋に楽しみ!」「バート2楽しみです」など歓喜している。

 その一方で今作のファンが気にしているのは、前作で百美の父の執事・阿久津翔を演じた伊勢谷友介のようだ。

「伊勢谷が続編にも登場するかどうかが気になっているようです。ネット上には『復活にふさわしい映画』『禊には最適な作品。思いっきり酷い目、可哀想な目、恥ずかしい目に遭えば観る人も思わず許しちゃうんじゃない?』などの意見が書き込まれており、スーパーギャグ満載の作品ならば、伊勢谷を受け入れられるのかもしれません」(芸能記者)

 主要キャストの発表はまだだが、伊勢谷の復帰作となるのだろうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング