「ダイエットの成功」と「美肌キープ」を両立させる3 つのヒント

 ダイエットを意識して生活すると、途端に肌トラブルに悩まされてしまう……。このように、ダイエットで栄養不足に陥ったりストレスが溜まったりすると、肌に悪影響が出てしまうことがあります。でも、次のようにダイエットの方法を工夫すると、不調を起こしにくい健康美に整えやすくなりますよ。

■食べないダイエットは絶対にしない

 食事を極端に制限し、栄養不足に陥ることで“減って”いくのは体重だけではありません。ボディラインにメリハリをつける筋肉や骨、今後の体型維持に重要な代謝まで減退していくこともあるのです。体脂肪を落とすことに成功しても、筋力が衰えてたるみやすくなるなどダイエットの面でのデメリットが大きいため、食べ過ぎには注意しても食べないダイエットは選ばないことをオススメします。

■美肌には運動も必要

 運動不足は血行不良を起こしやすく、代謝が低下して肌に悪影響が出ることも。健康的な美ボディを目指すなら、筋力を高めつつエネルギーを消費できる運動をオススメしますが、それは美肌作りにおいても同じこと。適度な運動で血行を促進し、代謝を高めて肌や体の調子を整えましょう。

■睡眠時間を確保する

 疲労の回復や肌や体内の細胞修復をスムーズにするには、十分な睡眠が欠かせません。また、寝不足になるとイライラして暴飲暴食に走りやすい人は、ダイエットを効率よく成功させるためにも睡眠時間をしっかりと確保したいものです。心身共に健康でないと美肌も美ボディも維持できませんから、無理のない心地よい生活リズムに整えましょう。ストレスによる肌荒れや、リバウンドを防ぐためにも重要です。

 キーワードは“健康”。心身共に健康な状態に整えることで、肌の状態もボディラインも整いやすくなります。そのことを目標に据えて、食事や睡眠、運動習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング