赤ちゃんを“ストンと眠らせる”3つの技

 子育て中のママにとって大変なことの一つに、赤ちゃんの寝かしつけがあります。すぐに寝てくれる日もあれば、なかなか寝付かない日も。赤ちゃんの寝かしつけが苦手というママもいるでしょう。そんなママに向け、赤ちゃんを“ストンと眠らせる”技を紹介しましょう。

■眠る場所はいつも同じ場所にする

 睡眠環境を安心なものにするのは、とっても大事なことです。赤ちゃんは、眠る場所が変わると安眠できない原因になることも。あるときはベビーベッド、あるときはママの布団などのように、寝かしつける場所は変えず、一定の場所にしてください。もちろん、使い慣れた寝具を使いましょう。

■日中は身体を疲れさせる

 日中、できるだけ赤ちゃんを疲れさせてあげるのも必要です。おうちの中でのハイハイはもちろん、ベビーカーでのお散歩も大事。刺激を与えてあげるといいといわれます。おうちの中が狭くてなかなか刺激が少ないという場合には、赤ちゃんを抱っこしながらママがスクワットをするのもよいでしょう。激し過ぎると赤ちゃんが危ないので、ゆったりゆっくり行いましょう。

■お風呂の後、1時間以内に寝かしつける

 人の身体は、大人も子どもも体温が下がるときに眠気がきます。そのため、お風呂に入って体温が上がった後、下がり始める30分~1時間後が寝かしつけのタイミングといわれています。

 これらの方法を取り入れて、ストンと眠る条件を日頃から揃えていきましょう。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング