「科捜研の女」劇場公開!沢口靖子が演じていた「コメディエンヌ」な役どころ

 女優の沢口靖子が22年間主演を務めてきたドラマ「科捜研の女」(テレビ朝日系)の劇場版が9月3日、公開された。翌4日に行われた公開舞台挨拶に登壇した沢口は「映画のお話があったのは2年前、2019年秋でした。長年支えてくださったファンの方々に感謝の気持ちを込めて精いっぱい撮影に臨みたいと誓いました」と大きな瞳に涙をにじませながら言葉を発し「その時、後でこんな大変な事態(コロナ禍)が起こるとは思いもしませんでした。あきらめず、やってきてよかった」と、感極まった様子で挨拶した。

 沢口にとって、99年に始まった同作の榊マリコは女優人生初の“当たり役”であることは言うまでもない。

「1984年の第1回『東宝シンデレラ』でグランプリに選ばれ芸能界入り沢口は、朝ドラ『澪つくし』(NHK)で全国区の顔になりました。彼女のイメージといえば、清楚で賢い優等生タイプ。しかし、本人は大阪出身だったため、大阪弁が出てしまいセリフ回しには苦労したそうです」(芸能記者)

 そんな沢口の転機となったのが、00年から始まった衣類の防虫剤CMだという。

「ここでは封印していた大阪弁を解禁。お雛様や政治家、女子高生にパンクロックのヴォーカル、マリリン・モンローにも扮しました。時には毒舌を吐き、自虐的なセリフもありとコメディエンヌの新たな一面をみせました」(前出・芸能記者)

 お堅い役ばかりでなく、コメディエンヌの顔もまたぜひ見せてほしいものだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング