ゆきぽよの「ハロウィン投稿」からフォロワー同士のバトル勃発

 モデルでタレントのゆきぽよが9月23日に自身のインスタグラムアカウントを更新。ハロウィンのコスチュームに関する投稿で賛否を集める事態となった。

 この日、ゆきぽよは両肩の出たオシャレなシースルーのボンデージ風トップスに、「SWAT」のロゴが入った黒キャップという派手なファッションをお披露目すると、「今年のハロウィン何着よっかなぁ」と綴った。フォロワーからは「かわいいぃ~」「バリ可愛い」「とっても素敵です」「東京リベンジャーズで!」「定番のドラキュラで」「スク水、着てください」「バニーガール」「何も着ないでいいんじゃない?」などといった要請が殺到。なんでも着こなすゆきぽよだけに、多種多様なリクエストが集まったが、一部からはハロウィンパーティで密になる可能性を心配する声も寄せられた。

「ゆきぽよは8月16日に新型コロナウイルスに感染し、同26日に自宅療養を終えたばかりということで、コメント欄には『一度、コロナに感染してるのに自粛しないんだ』『ファンだし頑張ってほしいから言うけど、社会に影響力のある人間として、もう少し発言には気を付けたほうがいいと思います』『もっと考えることあるんじゃない?』『大人しくしといたら?』などの苦言も多く、ゆきぽよ本人が一部指摘に『おうちハロウィンってのもあるんだよ』と返信。すると、このやり取りを見たほかのフォロワーも反応し、『個人的におうちハロウィンを楽しもうとして、何が悪いんですか? パーティやるなんてひと言も言ってないのに』『おうちでも密になるんだよ』『みんなあんま叩かんでいいやろ』『構ってちゃんのアンチは一生家に引きこもってろ』などと意見が分かれ、フォロワー同士で激しく言い合うような展開に発展しました」(テレビ誌ライター)

 ハロウィンに関する書き方がシンプルだったこともあり、まるで密なパーティに参加しようとしているかのように解釈されてしまったゆきぽよ。パリピなギャルタレントとしての宿命かもしれないが、初めから“おうちハロウィン”であることを伝えていれば、無駄に反感を買うこともなかったかもしれない。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング