「モネのリアクションが薄い」博多華丸の朝ドラ解説に「よくぞ言った」の声続出

「あさイチ」(NHK)のMC陣が朝ドラ受けをするようになったのは、まだ有働由美子がNHK社員だった頃。共演していた井ノ原快彦との軽快で率直な朝ドラ受けが評判となり、朝ドラは朝ドラ受けまでが1セットとしてとらえられるようになったと言っても過言ではないだろう。

 そんな朝ドラ受けの後継者として、放送中の「あさイチ」でMCを務めている博多華丸大吉、および鈴木奈穂子アナだが、9月24日放送の「あさイチ」での華丸の朝ドラ受けに拍手が起きているようだ。

 この日は「プレミアムトーク」のコーナーに「おかえりモネ」(NHK)で菅波先生役として出演中の坂口健太郎が出演。現在ネット上では「俺たちの菅波」というワードが話題になっているため、「俺たちの」とはどんな意味があるのかをドラマ好きで知られている華丸に鈴木アナが質問。「ドラマおじさん」と自称している華丸は自身の見解として「独占したいというか、いつまでも僕たちの菅波でいてくれみたいな。(百音と)くっついたらうれしいけれど、くっついてくれるなみたいなところもありますよね。2人があまりキャピキャピせず、大人じゃないですか。年齢的に。薄くないですか? モネのリアクション」とコメントしたところでスタジオからは笑い声が発生し、華丸がすぐに「ホルンの時、ホルンの」と補足。実はその日に放送された第95話で、菅波(坂口)の医師としての提言を聞いたことで、ホルン奏者としての道を閉ざされた宮田(石井正則)が菅波によるサプライズで百音(清原果耶)の目の前に登場。ホルン演奏するというひと幕があったのだが、百音は大きく驚くこともなくすんなりと受け止めていたため、華丸はそのことを指摘したのだ。

「ネット上では、この日に放送された第95話だけでなく、以前から清原演じる百音のリアクションが薄い、表情が乏しいといった声があがっていたため『華丸さん、よくぞ言ってくれた』という声が続出したようです」(女性誌記者)

 10月29日に最終回を迎える「おかえりモネ」。百音は菅波先生と無事に結婚することになるのか。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング