子どもの“トイレトレーニング”を後押しするママの工夫

“トイレトレーニング”中は、子どもの体調や気分次第で今までできたことが急にできなくなったり、逆にびっくりするほど素直にトイレに行くようになったりしますよね。見守っているママの方が一喜一憂したりハラハラしたり……なかなか思い通りにはいかないものです。ママが疲れ切ってしまわないようにするためにも、子どもが楽しく取り組める工夫を取り入れましょう。

■トイレを明るく楽しい場所に

 トイレが薄暗かったり狭かったりして「怖い」というイメージを持たせてしまうと、“場所見知り”してしまうケースがあります。そのため、トイレを明るくポップな印象に飾りつけたり、大好きなキャラクターのシールを貼ったりするとよいでしょう。「楽しい!」「行きたい!」と思える場所にしてあげることで、トイレに入るところまでのハードルを下げる効果が期待できます。

■絵本などでイメージトレーニングを

 初めてのことは、どうしたって怖いと思ってしまうもの。絵本などでトイレに行くところから終えて出るまでのイメージを事前につけ、「スッキリしてうれしい!」ということまで学ばせておくと、トイレへの怖さを軽減させることができます。言葉だけで説明するよりも絵や写真で視覚的に教える方が、子どもも分かりやすいですよ。

■トイレの“見本”を見せてあげる

 絵本と同様、大好きな家族がトイレに自然に入っている姿を見せることも、子どもに「真似っこしたい!」と思わせる工夫の一つ。ママのトイレについてきたら、「ママは今からおしっこをするよ~」と声をかけながら見せてあげましょう。家族に協力してもらえる場合は、パパや兄弟姉妹もお手本に。みんなが入っているトイレなら、「ぼく・わたしも入ってみたい!」と抵抗なくトイレに行って便座に座る子が多いですよ。

 ママのちょっとした工夫が、子どものトイレに対する不安を払拭し、子どもが楽しくトイレトレーニングに取り組めるように後押ししてくれます。ママのサポートをラクにするための工夫としてもオススメですから、ぜひ試してみてくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング