クローゼットを“スッキリさせる”収納のヒント

 クローゼットがごちゃついてしまい、困っていませんか? クローゼットをスッキリ整えるには、収納の工夫が必要です。次のような方法で整理してみてはいかがでしょうか。

■ハンガーを統一する

 さまざまな大きさや色、形のハンガーを使用すると、雑多な印象になってしまいます。ハンガーを統一することで、クローゼット全体の統一感を出しやすくなりますよ。薄いハンガーを使用すれば、収納スペースの節約にも役立ちます。シャツや軽い服の収納には薄いものを、セーターやスーツ、型崩れさせたくない服には大きくて厚めのハンガーを、同じ色・種類のもので使い分けると、収納スペースを無駄にせず、スッキリした見た目に整えやすくなります。

■ブックスタンドや書類スタンドで畳んだ洋服を“立てる”

 ちょっとしたデッドスペースがいくつもあるけれど、ラックを入れるほどの余裕はない……。そんなスペースには、ブックスタンドや書類スタンドを置いてみてはいかがでしょうか。シャツやセーター、トレーナーなどを畳めば、立てて収納することが可能になりますよ。ハンガーに吊るしたくはないけれど、頻繁に活躍するため引き出しには入れたくない(または引き出しには入りきらない)場合にオススメです。

■小物入れやファイルボックスで小物を管理

 バッグや帽子などの整理には、プラスチックのファイルボックスが役立ちます。深さのある引き出しの中に、仕切りとして活用するのもよいでしょう。(半)透明のもの選べば、何が入っているかを確認しやすく、出し入れも簡単です。安定感のあるものを使用すれば、一つだけ抜き出しても他のボックスは自立したままにすることができ、並び替えや一時的な抜き出しにも便利です。

 クローゼット内を分かりやすく、取り出しやすく整理することで、中身を把握しやすくなり、無駄な購入を防ぐのにも役立ちます。不要なものがしまい込まれていないかのチェックも兼ねて、改めてクローゼットを整えてみてはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング