毎熊克哉、映画で披露した歌声&ピアノ演奏に絶賛の声

 現在公開中の映画「マイ・ダディ」。ムロツヨシ演じる主人公の牧師・御堂一男が、白血病に侵された愛娘のためにドナー検査を受ける中、実はほかの男性の子供だという事実が発覚。その葛藤に苦悩するというヒューマンストーリーだ。

「『マイ・ダディ』は、ムロツヨシの映画初主演作品。3年前に彼がこの台本と出会い『この世界にいたい。この人(一男)になりたい』と出演を即決。今年で役者人生25周年を迎え、コメディからシリアスまで自在に演じる彼の魅力が凝縮された映画となっています」(週刊誌記者)

 ムロツヨシのほかに、主人公の娘・ひかり役にはオーディションで選ばれた期待の新星・中田乃愛。妻の江津子役に奈緒。お笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太も出演しているが、意外な才能を発揮して注目を集めているのが毎熊克哉だ。

 毎熊が演じたのは、一男の妻・江津子が結婚前に交際していたヒロ。メジャーデビューを夢見て、路上でピアノの弾き語りをするのだが、この時のピアノの腕前と、美しい歌声が素晴らしいと映画を観た人から「意外に歌ウマの毎熊克哉に驚き」「すごく上手でイメージになかった繊細な歌声(ほめてます)」「あれはデビュー出来そうなレベル」などのコメントがSNSに上がっている。

「今回の役を演じるにあたり、毎熊は『弾き語りの練習はヒロを理解するためにも、必死で鍵盤と向き合いました。ストリートで歌うシーンは僕にはとても荷が重く、今思い出しても胃が痛くなりますが(笑)』と話しています。毎熊が思わぬ才能を発揮できたのは、もともと持ち合わせるリズム感によるところが大きいのではないでしょうか。毎熊の特技はストリートダンス。彼の母親は地元のカルチャースクールでジャズダンスやバレエの講師を務める元ダンサー。上京してからは、日本ダンス界の大御所・EIJIのもとでダンスを習い、多い時には週3回1日6時間踊っていたそうです」(芸能ライター)

 昨年はヒットドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)に出演。番組の公式インスタグラムではダンス動画も話題となった。

 今作で、素晴らしい歌声を披露した毎熊克哉。歌手デビューする日も近い?

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング