超簡単で効果絶大!“早食い”による健康トラブルを防ぐ食べ方のコツ

“早食い”は、胃腸に負担がかかりやすく満腹感を感じにくいため、太りやすくなる原因の一つです。また、よく噛んで食べないことで唾液の分泌が十分にできず、口臭や虫歯、歯周病のリスクを高める可能性もあります。

 そんな早食いを改めたいけれど、「習慣になってしまって直らない……」という場合は、次のような方法を試してみるのがオススメです。

■一口ごとに箸を置く

 食事を口に運んで味わって食べている間にも、心と手はもう次の一口への準備を始めている……。これでは、絶え間なく食事が口に運ばれていく仕組みが整ってしまいます。一口運んだらいったん箸を置き、今の一口に集中して味を楽しむようにしましょう。次に箸を持つのは飲み込んでから。次の一口を決めるのも、それからにします。たったこれだけですが、噛みながら次の一口を掴むよりもずっとゆっくり食べることができ、食事の味に集中しやすくなります。

■一口で50回以上噛む

 噛めば噛むほど、食事を味わうことができて消化にもよく、食事の満足感を高めやすくなります。分かってはいるけれどお腹が空いているとどうしても急いで食べてしまう場合は、食事の最初に汁物を選ぶようにしましょう。温かい汁物をゆっくり少しずつ味わうことで心が落ち着き、汁物以外の食事も落ち着いて食べられるようになります。

■噛みごたえのある食材を取り入れる

 玄米や野菜、きのこ類、海藻類は、噛みごたえを得られやすいうえに低カロリーで食物繊維が豊富なため、健康維持やダイエットにも役立つ食材です。毎食1品はこれらの食材を入れるように心がけたり、汁物の具材を大きめにカットしたりして噛みごたえのあるメニューを意識すると、自然とよく噛んで食べやすくなります。

 どれも簡単なことですが、徹底して取り組むことで自然とよく噛んで味わい、ゆっくりと食べられるようになります。1人での食事や“ながら”食べなど、ついつい早食いになってしまう場面でぜひ実践してくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング