虫歯対策は早いうちから!子どもの「オーラルケア」グッズ3選

 歯が生えたばかりの赤ちゃんには、虫歯がひとつもありません。でも、大人の口内細菌がうつったりケアが不十分だったりすることで、虫歯になりやすくなってしまいます。また、歯が生え変わる時期に歯並びが悪くなってしまうと、より虫歯になりやすくなります。大人になってから歯や歯茎の健康を取り戻すことは難しいので、子どものうちから次のような「オーラルケア」グッズを活用して、しっかり虫歯対策に取り組みましょう。

■フッ素入りの歯磨き粉

 対象年齢に合わせつつ、虫歯予防の効果が期待できるフッ素入りの歯磨き粉を使用しましょう。子どもが好きな味付けのものを選ぶと、子どもが歯磨き大好きになれて一石二鳥です。市販のものの中にはフッ素の含有量が少ないものもありますので、検診時などを利用して医師に年齢や体質にあった歯磨き粉を紹介してもらいましょう。

■フロス

 歯と歯の間に詰まった汚れや歯垢は、歯ブラシで磨いても完全に取ることはできません。歯並びが悪い場合はとくに注意が必要です。一生懸命歯磨きをしているのに「虫歯になってしまう……」ということがないよう、保護者による最後の仕上げにはフロスを導入することをオススメします。自身で使用した経験がなくて怖いという場合は、歯医者さんを受診して親子で方法を学ぶことが大切。親もフロスを使用することで、子どもにも使いやすくなります。

■キシリトール入りのガム

 外出先では歯磨きができないなど、ごはんやおやつを食べたまま過ごさなくてはならない日もありますよね。そんな場合は、うがいやガムを噛む習慣を。キシリトールの含有量によっては歯医者でしか手に入らないものもありますので、発達段階に応じて医師によるアドバイスを受けましょう。

 歯と歯茎の健康のためにできるケアは、意外とたくさんあります。家族全員で取り組めば、誰もが年を取っても自分の歯で食事ができる状態を目指せますね。親がやっていることは子どもも前向きに取り組みやすいので、ぜひ先陣をきって実践してください。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング