桑子真帆アナ、“マーメイドジャパン”を…2021年を騒がせた失言&告発【5】

 8月8日、17日間にわたった投稿オリンピックの熱戦に幕が下りると、NHK総合では、国立競技場にて催された閉会式の模様を生中継。その実況という大役を担ったのは、やや“天然グセ”のある桑子真帆アナウンサーだった。

 桑子アナといえば、2018年の平昌冬季オリンピック開会式の生中継にて「今日の閉会式を通じて、力強く表現された平和への願いも大切にしたいですね」といきなり大会にピリオドを打ってしまう、超初歩的ミスを犯したことでも話題に。さらに、同年の大晦日には「第69回NHK紅白歌合戦」で、白組が優勝したにも関わらず、「紅組に優勝旗が渡されます」と痛恨のミス。1年のうちに2つの大舞台で言い間違いをやらかす“前科”があったことから、桑子アナが東京五輪閉会式の中継を担当ことには、周囲から心配の声も上がっていたという。

 そして、その不安は奇しくも的中してしまった。

「閉会式の序盤、20時39分頃、日本選手団が入場する場面でした。アーティスティックスイミングの日本代表らが、『マーメイドジャパン 開催してくださりありがとうございました』と日本全国へ向けた感謝の思いを綴った日の丸を掲げていたシーンが映ると、桑子アナは『あー、マーメイドジャパン。新体操の皆さんですね』と誤って紹介。すると、20時51分頃には、『先ほど、私、マーメイドジャパンを新体操と紹介してしまいましたが、アーティスティックスイミングの皆さんでした。失礼いたしました』と訂正し、謝罪しました。

 ネットでは、『イチイチ揚げ足取りすぎ』『誰にでもミスはあります』などと擁護する声のほか、『またですか?』『大舞台で毎回言い間違いしてるよ。大きなイベントの致命的なものでも、今回で3回目』『しかしまぁ、NHKもよくこの人を重要な場面で起用したがるよね』との指摘や、『やらかさなければ桑子アナではない』『いつもの桑子アナで安心しました』といって声まで出る始末です。それほど大きなミスというわけではないものの、言った直後ではなく、10分以上経過してからの訂正ということで、単なる言い間違いというよりは、根本から認識を誤っていた可能性を指摘する声も多かったですね」(テレビ誌ライター)

 そうしたユルさも桑子アナの愛嬌と解釈されればいいが、NHKという局ではなかなかそれも難しそうだ。

 様々な失言騒動が相次いだ2021年。2022年こそは、“お口にチャック”を心がけ、発言や言動に細心の注意を払ってほしいところである。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 125211

    実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

    「偽善ヅラのマウント女に仕掛ける壮絶な復讐」、「ウソをバラまき新居を乗っ取ろうとする執拗な姑」、「親の借金、妹の賠償、金に翻弄される不幸女のドロ沼」……etcこんな文言に見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? … 続きを読む 実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング