久慈暁子アナが収録中に号泣!さんまが、猛反省した「向上委員会」での事件とは

 お笑いタレント・明石家さんまが2月5日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS)に出演し、番組収録中にフジテレビの久慈暁子アナを号泣させてしまったことを謝罪した。

 さんまは、来々週に放送を予定しているという「お笑い向上委員会」(フジテレビ系)収録中の思わぬアクシデントを回想。同番組でアシスタントを務める久慈アナが春にフリーとなって卒業を迎えることを記念し、お笑いコンビ・鬼越トマホークのケンカ芸への仲裁に入る流れになった時のことだった。

 鬼越のケンカ芸では、止めに入った人物に容赦ない暴言が浴びせられることから、久慈アナは当初仲裁役を拒否。周囲が「暴言ではなく、(止めに入った人を)褒めるパターンに変える」ことを提案し、久慈アナは渋々鬼越のケンカを仲裁したところ、「うるせぇんだよ! お前がフジテレビ辞めたって1ミリも痛くねぇんだよ!」と通常通りの毒舌が炸裂したという。

 さんまは「シャレやで。もちろんシャレで鬼越も言うて、ドカーン! とウケて」と説明し、スタジオの空気は盛り上がるも、「次いこうと思ったら、『うぇ~ん!』って。ちょっと待って、あれ? どっかから赤ん坊の泣き声が」と久慈アナが暴言に耐えきれず号泣。ただ、久慈アナの涙により、スタジオはさらにそれをイジる悪ノリのムードが蔓延し始め、最終的に陣内智則からは「よう女の涙、ここまで遊びますね」と叱られてしまったと振り返った。

 これにさんまが、「すまん、俺は許してくれ。俺は女の涙で何回も地獄を見てきた男や」「今回は笑いの天国行かせてくれ」などと釈明したところ、「本人(久慈アナ)は泣いたことが悪いと思ったんでしょうね。その言葉でまた『うぇ~ん!』ってなって。なんか俺たち、人の心の中をブルドーザーで走るみたい」と、てんやわんやな収録を反省していた。

「春の卒業までに久慈アナとはもう一度会う機会があるようで、さんまは『その時にちゃんと謝ろうと思ってるんですけど。ほんとに許して下さい。コロナに負けずに僕、頑張りますんで、女性ファンの皆様、僕を許して下さい』と謝罪。この一連のやり取りに関し、ネット上では『さんまの番組である程度キツいシャレはあるだろうから、間に受けて泣いてたらフリーになったらもっと泣くようなことあるぞ。図星かもしれんが、実際そう思ってる人が多数だと思う』『本気で泣いてたとしたら、プロのお笑い番組のアナウンサー失格』『しれっとできないところが久慈さんのいいところでもあり、アナウンサーとして足りないところでもあるのかな』と久慈アナの号泣を大袈裟だと捉える声が出た一方、拒否した彼女をだまして仲裁させた点に着目し、『だまして承諾させ、泣いたら虐めて笑いにしてるだけでしょ』『どの言葉に傷付くかは人それぞれ違う。体験や今置かれた状況による。いろいろあってフリーになるという繊細な時期に投げるギャグではない』『本人が拒否して褒めるパターンにと言っておいて、結局ネタとはいえ傷付くような暴言というのはね。傷付くもんは傷付くよ』『わかってる芸でも、触れられたくない、言われたくないことは人それぞれある』などの指摘もありました。フリー転身を直前に控える彼女にとっては、なかなか消化できない言葉だったようですね」(テレビ誌ライター)

 遺恨を残したまま卒業することのないよう、次回の収録ではしっかりと久慈アナのケアに努めてほしいところである。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 138802

    スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

    この2~3年、恋愛関係で新たな出会いってありましたか?合コンはおろか普通の飲み会さえないし、趣味や旅先の出会いも皆無。仕事でも取引先とはオンライン、同僚ともたまにしか会わない。こんな状況で彼氏を探すなんてほぼ無理! じゃ … 続きを読む スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング