浜辺美波「ドクターホワイト」視聴者不満のまま終了…朝ドラヒロインは大丈夫?

 浜辺美波主演ドラマ「ドクターホワイト」(フジテレビ系)の最終回が3月21日に放送され、平均視聴率は8.7%。初回の11.4%が最高で、2ケタ台に戻すことなく低迷したまま終わった。

 ある日、白衣を着て倒れている少女を医療ジャーナリストの狩岡将貴(柄本佑)が助ける。白夜(浜辺)と名乗るその少女に、一般的な社会常識や感情はなかったが、卓越した医学知識があった。白夜は狩岡家に居候することになり、将貴やその妹の晴汝(岡崎紗絵)らと過ごすうちに、喜怒哀楽の感情も芽生えてくる。そんな白夜は、何者かに狙われていることがわかる。

 白夜は、希少血液の「Rh null」の持ち主で、彼女の身を必要としていたのは、実業家で全国医療連盟理事の海江田国男(石橋凌)だった。海江田には、難病を患っている一人娘・朝絵(浜辺2役)がおり、その娘も「Rh null」。白夜は朝絵を救うためのクローンだったのだ。

 この展開に視聴者の感想としては「面白くないドラマだったなぁ」「いろいろモヤモヤしたままの最終回。クローン組織はどこへ行ったの?」「誰かを助けるためのクローンって、アリがちな設定だよね」など、納得がいかない様子だった。

「浜辺は横浜流星とW主演した『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)全話の平均視聴率は8.96%。今作は8.89%。2023年前期放送予定の連続テレビ小説『らんまん』(NHK)で、主人公を演じる神木隆之介の妻役に内定したと報じられましたが、潜在視聴率という点では若干の不安がありますね」(テレビ誌ライター)

 朝ドラヒロインを演じることで、名誉挽回となればいいのだが。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング