藤原紀香、短冊に書いた「愛之助ラブ」「梨園の妻アピール」が恥ずかしすぎる!

20160708fujiwara

 藤原紀香のノロケはどこまでいくのだろうか。7月7日、七夕の日に紀香が書き込んだブログの内容が、見る者の想像をはるかに超えるノロケ具合だったことで、ファンのみならずアンチ紀香の注目も集めている。

 紀香が願いを込めて書いたという短冊の写真を見ると、そこには「和気愛愛 紀香」と書かれている。一緒に添えられた文章は「五色の短冊、私が書いた♪ 和気藹藹=和気愛愛(笑)心と心が通じ合い、和やかな気分が周囲に満ちあふれている様子です。(中略)もちろん、家庭も。仲良きことは、良いことだ」と書かれている。

「和気藹々」を「和気愛愛」にしているのはいわゆる愛に加えて、片岡愛之助の「愛」でもあるのだろう。

「愛を2つ重ねてしまうなんて、見ているこっちが恥ずかしくなりますね。初めて彼ができた女子中学生ならともかく、紀香は45歳のバツイチなんですから、もう少し落ち着いてもいいと思うのですが‥‥」(芸能ライター)

 さすがのアンチもこれには参ったようで、ネット上では「そこまでやられると文句をつける気も失せる」「勝手にやってください」とギブアップ宣言する人もいるようだ。

「もうひとつ付け加えると、この短冊ですが、和紙と思われる白い紙に毛筆を使って書かれていて、そこはかとなく『梨園の妻』アピールが感じ取れるんです。みんなそう思っているようで、彼女のいやらしさがにじみ出ていると評判です」(前出・芸能ライター)

 紀香の過剰なまでのアピールは、逆に梨園から認められない焦りの裏返しかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング