鈴木砂羽、映画監督から罵倒された過去を告白!「これからは違う」と決意

 女優の鈴木砂羽が4月12日、メディアプラットホームのnoteを更新。ある映画監督から罵倒を受けた過去を告白した。

 鈴木は「無性に書きたくなって。」と題した記事を公開。「ツイッターでリアルタイムで見聞きして感じたことと、過去の出来事と感情が突然にバチっと符号する事などあって『ああ、書きたい!今自分はものすごくモヤっている。あの日の事を書いて自分なりに咀嚼したいなぅ!』とそうした欲求が立ち昇った日がありました」と告白しつつ、10数年前にある映画の試写会に行った際のエピソードを明かした。

 鈴木によると試写後、監督と会食が予定されていたといい、マネージャーとともに約束の店に行ったところ、先に監督とプロデューサーが座っていたという。監督は鈴木に試写の感想を求めたが、鈴木は「映画の内容自体にさほど心を動かされなかった」ため、言葉を選びながら俳優達の演技を中心に讃えたとか。

 しかし、監督は思ったような感想が鈴木の口から聞けず、気分を害する結果に。その後は自分の功績を語り出し、そのうち「君はお父さんが芸術家なんか知らないけど勘違いしてない?」と言いだし、さらに鈴木の過去出演作やその作品の監督についても罵倒し始め、プロデューサーも止めるどころか怒りを隠さない様子だったという。

 そのような状況の中で、テーブルに置いていた鈴木の携帯電話が鳴り、鈴木はとっさに出てしまったという。「会食中だから」と言ってすぐに切ったが、監督は激怒。怒鳴り続け、ついには「出てけ。お前みたいな女優は二度と顔見せんな」と言い放ったため、鈴木はただマウントを取ろうとする監督とプロデューサーに「ナメんじゃねーぞ」と言い捨ててその場を去ったという。

 鈴木は一連の出来事は自身の主観に過ぎないとしつつも、「『性被害』一連の報道を見て、今現在あの日のことを振り返ると、自分の中の本能的な怒りが発動したんだと思う」と回顧。これまで黙っていたのは「沈黙は身を守る事だ。余計な事は見ざる言わざる聞かざる。それがこの業界の教えの一つだった。事を荒立てたくなかったら沈黙」とつづりつつ、「でもこれからは違う。泣き寝入りしてはいけない」と決意を明らかにした。

 ネット上では鈴木の告白について《勘違い野郎が蔓延ってるんだな》《こういう闇はどんどん発信したほうがいい。いい加減日本も変わろう!》《日本もやっと『Me Too』運動が来たか》など賛同の声が続出した。

「芸能界での性暴力やパワハラについては、映画監督の榊英雄氏による性行為強要報道を皮切りに俳優の木下ほうか、映画監督の園子温氏、映画プロデューサーの梅川治男氏など次々と明るみになっています。その動きに呼応するように女優側も名前を出して実態を告白。水原希子は『週刊文春』で芸能界の性加害問題について長文のコメントを寄せ、性的なシーンを撮影する際の制作側と俳優の橋渡し役となる『インティマシー・コーディネーター』の導入も提案。

 橋本愛も4月8日に自身のインスタグラムでユーザーからの質問に答える形で性加害報道に言及。『今重要なのは、性別がどうであれ被害者の声を聞いて、改善に向けてみんなで頑張ろう、というムーブメントを起こしていくことが大切かなと思います』と語り、映画制作の環境そのものを大きく変えていく必要があると考えを表明しました。17年にアメリカから始まった『#MeToo』運動は、日本の芸能界にはあまり影響が見られませんでしたが、今回は大きなムーブメントになるかもしれません」(芸能記者)

 女優達が次々と声を上げ始めたことで、確実に何かが変わろうとしているようだ。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 138802

    スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

    この2~3年、恋愛関係で新たな出会いってありましたか?合コンはおろか普通の飲み会さえないし、趣味や旅先の出会いも皆無。仕事でも取引先とはオンライン、同僚ともたまにしか会わない。こんな状況で彼氏を探すなんてほぼ無理! じゃ … 続きを読む スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング