木村拓哉「ハウルの動く城」での宮崎駿監督の“謎すぎる”演技指導に困惑の過去

 俳優の木村拓哉が4月17日、自身がパーソナリティを務めるラジオ「木村拓哉 FLOW supported by GYAO!」(TOKYO FM)に出演。自身が声優として主演を務めた04年公開のアニメーション映画「ハウルの動く城」のアフレコエピソードを披露した。

 木村は4月のマンスリーゲストとして出演中の女優・満島ひかりとトークを展開。その中で声優についての話題になると、満島は「私、ハウルがラブなので」「私の中でいちばんの好きな人、ハウルなので」と「ハウルの動く城」が好きな作品であることを告白した。それを受けて木村はアフレコ時に宮崎監督から受けた演技指導の内容を紹介。

 木村によると「『宮崎(駿)監督がハウルの説明をしてくれます』って言われて、『お願いします!』って言ったら(宮崎監督が)『彼はね‥‥星にぶつかっちゃったんだよ』『は、はい』『まぁ、そういう感じなのでよろしくお願いします』って言われて。『うわぁ、わかんねぇ』って」と謎の指導に困惑したと告白。

 それを聞いた満島は「最高ですね、最高。大好き、そういう演出!」と大喜び。木村は「星にぶつかっちゃった男の子。全然わからないんですけど、『はい! わかりました!』っていう感じでした」と手探りで役に挑んだことを明かした。

 ネット上では《私はジブリ大好き人間ですが、最初木村さんが主人公だと聞いて期待出来ずにいました。でも見終わった後はかなり納得しました》《ハウルでキムタクって実は声優のお仕事が合う人なのだなと再認識させられた》《当時は、「木村拓哉かぁ。ジブリも商売だから仕方ないか」と思いましたが、実際観賞した後は「すいませんでした」と心の中で謝りました》など当時を振り返って絶賛する声が続出している。

「同作のプロデューサーを務めたスタジオジブリの鈴木敏夫氏は木村の起用について、自身の娘さんからの推薦が決め手だったと明かしています。鈴木氏は当時、SMAPもよく知らなかったといいますが、木村のアフレコの第一声目で一気に引き込まれたこと、木村が事前に台本の内容を全て頭に入れており、読まずに演じきったことなども明かしており、絶賛していました」(芸能記者)

 万全を期してハウル役に臨んだ木村に多くの絶賛が寄せられるのも当然と言えるだろう。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング