まるで少女漫画?高校時代の豊田エリーがバレないように育んだ柳楽優弥との交際

「禁止にすると、余計に燃えてしまう‥‥」

 同じ堀越高校出身の先輩であるTOKIO・松岡昌宏からの指摘に思わず頷いたのは、俳優・柳楽優弥との“禁断の恋”を経て結婚に至ったタレントで女優の豊田エリーだ。

 6月5日放送の「二件目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)では、同校の卒業式が行われるという中野サンプラザ近くの飲み屋で、豊田をゲストに迎えての外飲み。学生同士の恋愛は禁止という厳しい校則でも知られる同校だが、松岡は「男女もね、通学路も別だったりして」と振り返りつつ、「あんなことしなきゃいい。あれ(恋愛禁止)をするから、生徒さん同士が燃えるんですよ」と指摘すると、豊田は「あぁ、禁断の雰囲気が」と笑いながら納得していた。

 実際、豊田と柳楽はともに堀越高校に身を置いていた当時から、秘密裏に交際を開始。改めて松岡から「柳楽くんとは高校の時からロマンス?」と聞かれた豊田は、照れながら「そうです」と認め、「でも、本当に、先生に見つかっちゃうと、(学校を)辞めるか、別れるか」を迫られるような状況だったと説明。

 お笑い芸人・博多大吉から「豊田さんは燃えたタイプですか? だって、絶対にバレちゃいけないんでしょ?」と聞かれると、これにも「うん。楽しいですね」とコメント。続けて、「(高校に)途中まで一緒に来るんですけど、やっぱり中野駅からは別々に歩く。中野からは人の目が‥‥。たまに中野坂上駅を使ったりとかして、楽しかったです」と、周囲にバレないよう、通学路では慎重になっていたと振り返った。

「4年の交際を経た2010年、豊田が20歳、柳楽がまだ19歳と、ともに20歳前後での結婚発表は当時、大きな話題に。豊田は『禁断というか、こっそりと』育んだという恋愛が2人の背中を押したのか、同年に第1子となる女児ももうけ、幸せな家庭を築き上げています。なお、結婚を発表した直後の同年6月、映画のイベントに登壇した豊田は『毎日本当に幸せ!』と笑顔を浮かべ、柳楽との『すごく素敵な思い出』を紹介。仕事の影響により、柳楽と数週間、離れて過ごすことになった際、『会えない日数分の手紙を書いておいてくれたことがありました』とし、『毎日読むのが楽しみで、今でも大切にとってあります。20通ぐらいあったんですけど、毎日ちゃんと違うことが書いてあって、本当に嬉しかったです』と感激。柳楽のロマンチストな一面を明かしていました」(テレビ誌ライター)

 そんな2人の“禁じられた恋”からの結婚というプロセスに、ネット上では「少女漫画みたいであこがれる」「高校時代から続いている女性と、ここまで長く結婚生活が続くのも素晴らしいと思う」「恋愛禁止の学校で隠れて恋愛をすることで、お互いが好きなことを確認できて、さらに絆が深まったかもしれませんね」などの声が。

 禁じられると、ついつい興じてしまうというのは、いつの時代も人間のサガなのかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング