絶対許さない!Hey!Say!JUMPファンが「27時間テレビ」スタッフに怒り心頭

2016072727jikantv

 7月23日~24日に放送された「FNS27時間テレビフェスティバル!」(フジテレビ系)。大方の予想通り視聴率は7.7%と歴代最低を記録。さらに、番組のありえないエンディングにHey! Say! JUMPファンが怒りを露わにしている。

 27時間のラストを飾る企画として放送されたのが、「FNS全国高校生スーパーダンク選手権」の決勝進出した3チームの高校生と、同企画のスペシャルサポーターを務めたHey! Say! JUMPの計27人によるスーパーダンクに挑戦するというものだった。

 スーパーダンクとは、トランポリンを使ってジャンプしながら、バスケットゴールのバックボードに連続でボールを当て、最後の1人がダンクシュートを決めるという競技で、「27時間テレビ」では、全国の高校生たちが同競技に挑戦する姿を予選から準決勝、決勝とメイン企画扱いで放送した。

 しかしこのスーパーダンク、なかなか難易度が高い競技のようで、練習を重ねてきた全国の高校生たちも次々と失敗を連発。スタジオで行われた決勝ブロックでも3チームのうち、ダンクシュートを成功させたのは優勝した長崎日大高校のみという何ともしょっぱい結果に終わっており、途中からは放送事故的な空気すら流れていた。

「本戦でもそれだけの失敗率の高さということもあり、Hey! Say! JUMPも混ぜてのスーパーダンクは成功するどころか、前半を担当したメンバーのミスが続き、後続の高校生たちにまったくつなぐことができませんでした。結局、最後は誰かが失敗してもその都度ボールを拾って、次のメンバーからバックボードにボールを当て、競技を継続させてダンクシュートするという強行策を決行し、無理やり番組を収めた形でしたね」(テレビ誌編集者)

 まったくもって締まらないエンディングに、視聴者からは「ジャニーズのヤツらが足引っ張ってる」「この終わり方は冷めるぞ」など、Hey! Say! JUMPを非難する声が殺到。さらに、メンバーのカッコイイところを期待していた熱烈ファンは、「メンバーを晒し者にしてひど過ぎる」「疲労困憊でこんなことさせられて可哀想」「この流れを考えたスタッフは絶対に許さない」などと、怒りの矛先を制作スタッフへ向けていた。

 大きな感動を皮算用したあまり、とんでもなく悲惨なエンディングを迎えてしまった「27時間テレビ」。視聴率が低く、あまり大勢が見ていなかったことが唯一の救いか!?

(田中康)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング