板野友美、夫・高橋奎二投手への不貞対策で懸念された「門倉家の二の舞」リスクとは?

 タレントの板野友美が、夫でプロ野球・ヤクルトスワローズの高橋奎二投手に施しているという不貞対策を打ち明けた。

 昨年1月に6歳下の高橋投手と結婚した板野。まだ新婚ホヤホヤのラブラブ状態だが、職業柄、夫の遠征が多く、離れ離れの際にはスマートフォンのビデオ通話をつなぎっぱなしにすることでコミュニケーションを取っているという。11月26日放送「川島明の芸能界(秘)通信簿」(フジテレビ系)で明かした。

 夜中にビデオ通話を開始し、そのまま就寝。朝になって通話を切ることも多いと語る板野。「付き合ってた時はいっぱい話したいから。寮でもあまり会えないから、ずっとつないでた」と当初の理由を述べるも、「最近は不貞とかしないようにずっとつないでおこうみたいな」と今では高橋の火遊びを防ぐ狙いがあるのだという。

 これを聞いたモデルの大倉士門は「地方行った時に僕がホテル泊まってたら、そういう時だけビデオ通話かかってきます」と、妻でモデル・のみちょぱとも同様のエピソードがあると説明。「もしかして疑われてたってこと?」と勘繰ると、板野は「そうです。疑ってます」と返していた。

 最近ではアスリートの不貞報道も多く、イケメンの高橋を夫に持つ板野も不安を募らせているのかもしれないが、ネットでは「私が男なら面倒くさいし、鬱陶しい」「すごいね。あなたのことを信じてませんって言ってるようなもんだよね」との声や、「遠征先で思うようなピッチングができなければ考えたいこともあるだろうし、さすがに一晩中は精神的に重荷だと思う」「選手は寝るのも仕事だと思うけど」などの苦言が散見。また、「どこぞの元コーチみたいな夫婦だな」と心配する指摘もあった。

「球界とビデオ通話とくれば、世間が思い出したのは昨年5月に突如姿を消して失踪した元中日投手コーチ・門倉健氏のケースでしょう。当時、情報番組の取材に応じた同氏の妻・民江さんは、単身赴任の多かった門倉氏と20年前から毎日ビデオ電話で通話し、失踪前夜にも18時から深夜0時までつなぎっぱなしだったと説明。一部メディアは、同氏と妻が今年1月時点で離婚調停中とも報じており、妻からの束縛が門倉氏の失踪理由の一つではないかとする見方は強かったです。よって、今回の板野についても『門倉家の二の舞になってほしくないですね』と危惧する声が寄せられています」(テレビ誌ライター)

 身体が資本の高橋だけに、せめて寝不足にならないような配慮だけはしてほしいものだが。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング