京本大我、SixTONESでいちばん「涙が似合う男」の艶っぽすぎる“あの部分”

 ラジオ番組「SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル」(ニッポン放送系)にて、SixTONESの京本大我と田中樹がジャニーズJr.時代を振り返るひと幕があったのは去る4月1日放送回でのこと。

 2人は「今のJr.の子みたいにさ、チャンスがそんななかった。テレビなんて出られない」など、当時の苦労を回顧。京本は「練習して、ジャニーズJr.の番組あるじゃん。そういうので出たいと思ってた曲の(立ち)位置決めてもらってさ。当日場当たりしたらさ、“人数間のバランスが悪いから”って言ってさ、1人削られたのよ」と話し「トイレでギャン泣きよ」と、悔しさのあまり涙を流したことを告白した。

 実は京本は涙もろく、ライブでデビュー曲を披露した際には、こんなエピソードも。

「2020年に配信された『CLASSY.』のインタビューでは、初めてライブでデビュー曲『Imitation Rain 』を披露した時の心境を聞かれ、『“戻れない時代(とき)を振り返る”という歌詞でJr.時代が走馬灯のように思い出されて、涙腺を刺激されてしまいました』『プロとして歌をちゃんと届けたいから、泣いて歌えなくなることは俺のなかではあり得なくて、今まで我慢してきたんだけど、あの瞬間だけはダメでした』『でも泣いてしまったことは後悔してないです』と語っています」(女性誌記者)

 また最近、表紙を飾った女性誌「GINGER」3月号のインタビューでは「好きなエンタメに触れて、感動して涙を流すことで気持ちをリセットする場面が多かった」とも話している。そんな京本のチャームポイントが、ファンからも指摘される豊かな涙袋だ。

「京本の涙袋はぷっくりしてとても愛らしく、SNSでも『京本大我の涙袋に住みたい』『その鼻筋で頬骨の高さと涙袋は罪』『もしかして京本大我の目の大きさと涙袋の大きさの比率1:1だったりする?』などの声がたくさん上がっています」(芸能ライター)

 確かに、そんな京本の涙は、人の心を揺さぶりそうだ。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング