2016/11/22 18:14

グキッ!魔女の一撃「ぎっくり腰」になった時の正しい対処法

20161122gikkurigoshi

 グキッ!‥‥普段の何気ない動作はもちろん、くしゃみや咳をした瞬間にも襲いかかる激痛が、通称“ぎっくり腰”。経験したことのある人もいるのではないでしょうか。

 そんな時、どんな対処をしていますか? きっと、あまりの痛さに動けなくなり、痛みが和らぐまで背中を丸めた姿勢で寝転んでしまう人も多いでしょう。

「ところがその姿勢のまま、あまり長い時間安静にしていると、治りを遅くしてしまうこともあるのです」と教えてくれるは医療ライター。一体、どういうことなのでしょうか。

「ぎっくり腰は、医学的には急性腰痛症という名称が付いていて、ほとんどが背骨の中でも骨盤と接している腰椎という5つの骨のどこかで発生します。一見、骨がズレて起こるように思われがちですが、レントゲンやMRI撮影をしても骨には異常がないことがほとんど。約85%が原因不明です。しかし、この腰椎の間にある軟骨組織の椎間板で異常が起きていると考えられています」(医療ライター)

 背骨は合計24個の椎骨と呼ばれる骨と、その間に挟まれた椎間板で構成されています。いわば、骨と関節の連続。特に腰椎部分は腰椎前弯と言って、お腹側に弯曲した形になっていて、そこで上半身の重みを分散させて支えているのだとか。

 そして腰椎前弯は骨盤が後傾することや背中を丸めることで失われます。すると椎間板の中にあるゼリー状の髄核という組織がズレて、周辺にある神経を圧迫して痛みが発生すると考えられているそうです。

「強い痛みを感じた直後は丸めた姿勢でもよいのですが、そのままだと椎間板がもとの位置に戻らないので、痛みが長引くことに。そこで、ゆっくりとうつ伏せになって、両手を脇に添えて深呼吸しながら5分間ほど待ってください。痛みがひどくて辛いようであれば、お腹の下にバスタオルなどを丸めて入れ、少し腰を浮かせてもいいでしょう。痛みが引いてきたら、上半身の力を抜いたままで、両肘を付いて腰を反らせる姿勢を再び5分ほど続けてください」(医療ライター)

 こうすることで腰椎前弯が弯曲を取り戻すので、椎間板がもとの位置に戻って、痛みが和らぐのだとか。

 普通は腰を「反らすといけない」と思いがちですが、実は逆だったのですね。でも、それで安心してはいけません。ぎっくり腰は、一度発症すると繰り返しやすいもの。痛みが少し引いたら、きちんと医師の診断と治療を受けるようにしましょう。

Asa-Jo チョイス

  1. 101049

    衣類の入れ替え時の意外と知らないNGなこと

    本格的な冬支度は進んでいますか? 衣類の入れ替えのときって、害虫やカビ、シワになるなどの失敗も多々ありますよね。そんな“困った”を事前に防ぐために、衣替えのNG事項をみていきましょう。■1回でも着用したのに、洗濯やクリー … 続きを読む 衣類の入れ替え時の意外と知らないNGなこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング