ジョニー・デップを助けるために!?落ち目オーランド・ブルームが復活!

20150829orlando

 日本でもドル箱シリーズ、その第5弾「パイレーツ・オブ・カリビアン:デッド・メン・テル・ノー・テイルズ」にオーランド・ブルームがシリーズ復帰を果すことが正式に判明した。

 2011年の第4作「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」には出演しなかったオーランドだが、おなじみのキャラクターであるウィル・ターナーとして戻ってくることになると、先日行われたD23エキスポの会場でディズニーの幹部らが発表したのだ。

 オーストラリアで行われていた撮影も先日終了したばかりだが、公開は2017年7月となっている。この復帰の噂に対し、オーランドは昨年こう語っていた。

「いま話し合いが行われているところで、僕はやる気だよ。ジョニー(デップ)や監督のゴア(ヴァービンスキー)と一緒に働いたことは僕にとってとても素晴らしい経験だったんだ。ジョニーと一緒に仕事してとてもよい時間を過ごしたし、僕がこの映画に出演しようと思った理由もジョニーがいたからなんだよ」

 こうして聞くと、日本でも絶大な人気シリーズだけにワクワクするファンがいることだろう。しかし、内幕はそれほど楽観的なものではない。

「日本をはじめとしたアジアなどでは回を重ねるごとに人気が高まり、興収を上げている同シリーズですが、本国アメリカでは2作目をピークに右肩下がり。前作はシリーズ最低の興収でした。理由は企画が飽きられたこともありますが、ジョニー・デップの人気急落も大きい。本国ではもはや過去の俳優ですからね。そこでディズニーが考えたと思われるのが、ジョニデの人気がまだまだ高いアジアを中心とした海外での売り上げ増を目指そうというもの。そこにオーランドの復帰です。じつは彼もいまやすっかり落ち目です。2013年に別れた前妻のトップモデル、ミランダ・カーとは『格差婚』と言われていたほど。しかし、日本などでは人気は根強いものがあります。ですから、崖っぷちのジョニデの看板をもう一度盛り上げるための起用と見ていいでしょうね。ギャラもそこまで高くないはずですから」(映画誌編集者)

 事実、オーランドと共に復帰がささやかれていた女優のキーラ・ナイトレイは出演を断わったようだ。

「キーラは昨年の『イミテーション・ゲーム』でもオスカーにノミネートされるほど絶好調。彼女自身『あのシリーズに戻ることはもう想像できないのよ』と言っています。つまり『パイレーツ』は旬の役者が率先して出たいコンテンツでは、もはやないわけです」(前出・映画誌編集者)

 内幕を聞いてしまうと残念なかぎりだが、映画が面白ければファンは文句を言わないはず。日本ではまた巨大ヒットを飛ばしてほしいものだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング