【「アンチヒーロー」第9話】大島優子の“裏切り”に落胆の声も「これもワナだ」考察が圧倒的!

 長谷川博己が主演を務める日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第9話が6月9日に放送され、世帯平均視聴率は前話の10.2%から1.0ポイントアップの11.2%を記録した。

 この日の終盤は、視聴者を「あっ!?」と驚かせた。なぜなら明墨法律事務所に突然、大勢の刑事が詰めかけ、明墨正樹(長谷川)を逮捕したのだ。容疑は、第1話で町工場の社長殺害事件で容疑者となった緋山啓太(岩田剛典)の弁護を引き受けた際、明墨が犯罪の証拠品‐血の付いた緋山の作業服を隠匿したというものだった。

 場面は切り替わり、伊達原泰輔(野村萬斎)の検事正部屋。そこには、明墨の逮捕を知り、ほくそ笑む伊達原のほか、明墨法律事務所でパラリーガルを務める白木凛(大島優子)の姿と、緋山の作業着があった…。

 この展開に視聴者は「マジか…」「裏切り者」「白木、おまえだったのかぁ~」など、相当驚いたようだ。

「回が進むごとに、明墨サイドの情報が、伊達原に伝わっていて、明墨の事務所にスパイがいるのでは? という考察は以前からありました。大方の予想では、白木と同じパラリーガルの青山憲治(林泰文)ではないかとの声が多数でしたが、フタを開けてみれば白木だった。ですが、これまでの明墨の行動を考えると『白木が裏切ったように見せかけての罠っぽい』『明墨の事件を担当する伊達原の不正を公判の場で暴くための、明墨が仕掛けた罠』との考察が圧倒的でした」(テレビ誌ライター)

 次回の最終回は、25分拡大スペシャル。これまでの事件の真相がすべて解明されるという。どんなどんでん返しがあるか楽しみだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング