【Re:リベンジ】笹野高史【燕は戻ってこない】酒向芳 “キモ爺”を怪演する2人は「ガチの先輩後輩」

 6月20日で最終回を迎えたドラマ「Re:リベンジ‐欲望の果てに‐」(フジテレビ系)。舞台となっている日本屈指の巨大病院である天堂記念病院の会長・天堂皇一郎を演じた笹野高史は、コミカル爺ちゃんやスマートなイケジイを演じてもハマるのに、今作では選民意識の高い「キモ爺」を好演した。特に食事シーンにおいては「キモッ!」と叫びたくなるほど、独特の食べ方をして視聴者を圧倒。皇一郎というキャラに深みを与えている。

 一方で「トラウマになりそう」「気持ち悪すぎ」「怖くて全身鳥肌」などの声が続出するほどの「キモ爺」を演じているのが、酒向芳だ。ちなみに彼の名前は「さこうよし」と読む。酒向は放送中の「燕は戻ってこない」(NHK)の第1話で石橋静河演じる主人公のリキが、子宮と卵子を提供してお金を得る「代理母」となることを決意した理由の1つである、「アパート隣人のヤバイおやじ」として登場。リキがアパートの駐輪場に忘れてしまった質素な弁当を勝手に食い散らかし、空になった弁当箱をリキの部屋のドアノブに掛け、ドアを叩きながら「次はあんたのタラコ入れてよ~」と叫び続けるシーンは、思い出すだけでも全身に鳥肌が立ってくる。酒向も笹野と同様、「キモ爺」だけでなくスーツの似合うステキなイケオジもめちゃくちゃハマる。公称184センチの長身は舞台に立つと特に映える。

 そんな2人が実は通称・自由劇場こと「オンシアター自由劇場」という劇団で先輩後輩だったことをご存知だろうか。笹野75歳。酒向65歳。楽器演奏ができないとキャスティングしてもらえない劇団のため、酒向はトロンボーン、笹野はサックスやトランペットなどを演奏できる。酒向は多摩美術大学の関連校で専門学校の玉川芸術学園(1992年廃校)を卒業後、文学座、青年座、無名塾といった有名劇団を受験するもすべて不合格。翌年に受験して合格したのが自由劇場だった。

 笹野は1968年に同劇団にスタッフとして入団。その後、退団、就職、退職、を経て役者として再入団。1982年に再退団しているが、その後も座友として同劇団の芝居に出演していた。

 自由劇場出身者といえば、柄本明、ベンガル、高田純次、岩松了、余喜美子、イッセー尾形、小日向文世など、活躍中の還暦オーバー役者がたくさんいる。誰もが1度は「怪演」で話題になっているところを見ると、笹野と酒向の「キモ爺」怪演は、自由劇場出身者の証と言えそうだ。

(森山いま)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング