「逃げ恥」ガッキーメイクが大絶賛のざわちんが抱える大きな課題とは?

20161220zawachin

 11月30日にはPPAPのピコ太郎を、12月13日にはドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で主演の新垣結衣が演じる“みくり”のものまね写真をブログで公開。ざわちんのものまねメイクのクオリティの高さが「なんだかんだでやっぱりスゴい!」と、絶賛する声が続出中だ。

「どちらもさすがといった感じの完成度ですが、特にガッキーのものまねメイクにいたっては一瞬、本人にしか見えない。ブレイクのきっかけとなった板野友美のものまねメイクと並ぶぐらいの傑作だと思います。アンチも多いですが、何よりも流行りモノにはどんどん手を出して挑戦していくスタイルはプロフェッショナルだと思いますね」(エンタメ誌記者)

 写真を見た世間の人たちからも「キャラは好きじゃないけど、やっぱりメイクは素直にスゴイ」「この道のプロといった感じ」「本当に変幻自在ですね」と、拍手喝采。

「しかし、ざわちんにも課題がある。このものまねメイク写真はメイク技術のほかに、写真の角度や光の当て方といった撮影技術に関する工夫も多く練り込まれている。そのせいで、テレビでものまねメイクを披露した際の反応はかなりイマイチなことも多い。ですから、ブレイクした当初こそテレビ番組に引っ張りだこでしたが、最近はテレビ出演は控えめ。今後はどうやってテレビ出演を増やしていくかが課題でしょう」(テレビ誌編集者)

 4月からZawachin名義で歌手活動をスタートさせるなど、活動の幅を広げようと奮闘しているようだが、そっち方面でニュースは聞こえてこない。ものまねメイク一本で、はたしてどこまでタレント生命を維持できるのだろうか?

(本多ヒロシ)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング