2016/12/30 10:15

IMALU、多岐川華子、坂口杏里…七光りを生かせなかった「しくじり二世タレント」たち

20161230shikujirinisei

 有名人が人生につまずいた原因を告白し教訓を与える「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)。2016年の同番組では、華々しい経歴の親を持つ「二世タレント」たちも、自身のしくじりを語り大きな話題となった。

 まず、明石家さんま、大竹しのぶというビッグネームの両親を持つIMALUは、「親の七光りを1年で使っちゃった」ことを告白。デビューして1年目から、モデル、女優、トークバラエティ番組、音楽番組のアシスタント、アニメ声優、歌手、CMなど、ありとあらゆる仕事が舞い込むが「全てにおいて結果を残すことが出来なかった」と振り返り「実力もないのに、コネで仕事をして愛想をつかされた」と反省したのだ。

 もう一人は「お母さん(多岐川裕美)みたいにチヤホヤされたい」というのが芸能界入りの動機だったという、タレントの華子(旧芸名・多岐川華子)。「100%母親のコネ」でドラマやCM出演が決まるも、演技の練習は本番前に4時間半行ったのみ。それでも監督からはOKをもらい「私って、何でもできる」と錯覚したというのだ。

 その後、23歳の時に同じ二世タレントの仁科克基と結婚するが、わずか1年9カ月で離婚。「親の顔に泥を塗った」と、申し訳なさそうに語ったのが印象的だった。

 さらにこんな二世タレントもいた。徳光和夫アナウンサーの息子で、フリーアナでタレントの徳光正行は、45歳になった今でも毎年、お年玉を10万円ももらっているそうで、自身のことを「おスネかじり虫」と言い、「自分のようなダメ男をつかまないように」と自嘲気味に講義した。

 どんなに大物の親のコネがあっても、結局ジャッジを下すのは“視聴者”ということのようだ。

 ほかにも二世タレントといえば、藤井フミヤの息子・藤井弘輝がフジテレビのアナウンサーとして入社したり、坂口良子の娘・坂口杏里も借金苦の末に艶系ビデオに出演したことが話題となったが‥‥。はたして2017年の芸能界は、どこの二世タレントがどんな騒動で世間を騒がすのだろうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

注目キーワード

ランキング