菊地亜美が5キロ痩せたことを報告するも「どうせリバウンドする」のしらけ声

20170221kikuchi

 清水富美加の出家騒動に関して、事務所の先輩である菊地亜美の需要が“タナボタ”で急拡大。「月給5万円」や「枕」についてきっぱりと否定してみせたが、そんな彼女が今度はダイエットに成功したことを高らかに宣言した。

 2月16日に行われたシェイプアップ器具の発表会で明かしたもので、同器具を使ってウエスト10センチ減、体重5キロ減に成功したという。

「確かにアゴ周りがスッキリし、痩せたように見えました。10センチも細くなり『スキニージーンズが履けるようになった』と話すウエストについてもサイズチェックが行われ、本当に痩せていることが証明されました」(芸能ライター)

 菊地の話によると、ネットで彼女の腹がヤバイと話題になっているのを見て、昨年11月からダイエットを開始。約3カ月ほどで痩せることができたのだとか。とはいえ、そんな発表に食いつく芸能記者はほとんどいなかったようだ。

「菊地は『リバウンド女王』と揶揄されるほど、痩せてもすぐ太ることで知られています。今回も少しすれば元に戻るだろうと見られています」(スポーツ紙記者)

 菊地も無休で働いて月給5万円生活すれば、3カ月もかからずすんなり痩せられたかも!?

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング