「四大陸選手権」羽生結弦の銀メダルで世界選手権は超ハイレベルな大混戦に!

20170225hanyuu

 向かうところ敵なしだった羽生結弦選手が、四大陸選手権で優勝を逃した。SPで失敗して3位に甘んじたものの、フリーでは自身のミスを技術でカバーしての300点超え。優勝を期待したファンも多かっただろう。

「最後のネイサン・チェンの演技の間、羽生選手は宇野昌磨選手と一緒にモニターを凝視していました。しかし、チェン選手の好調さに『あ、これダメなパターンかもしれない』と言い、銀メダルが決定した時には肩を落としていました。それでも、納得の表情にも見えましたので、次の世界選手権(3月27日~4月2日)に期待です。高いレベルで競うことになるのは間違いなく、勝つためには、四回転はもちろん、ほかの部分でもミスは許されません」(スポーツライター)

 シーズン後半ともなれば、どの選手も演技の完成度が高くなってくることから、まずは失敗しないことが絶対条件。さらに加点される演技をどれだけできるかが勝負になってくる。

「羽生選手は、世界選手権でハビエル・フェルナンデス選手に2連覇を許しており、何としても3年ぶりの優勝を果たしたいでしょう。宇野選手の完成度も上がっていますし、四大陸選手権のSPで羽生選手を上回ったことも自信になっているはずです」(前出・スポーツライター)

 最強にして最高のフィギュア選手を決める戦いから、目が離せない。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング