高畑淳子、マスコミへのエキセントリックな激ギレ対応で完全復帰が遠のいた!?

20170225takahata

 2016年8月にホテル従業員への暴行容疑で逮捕され不起訴処分になった、元俳優の高畑裕太氏の母で女優の高畑淳子が、マスコミ相手に“ブチギレた”と、「週刊文春」が3月2日号で報じている。

 淳子は2月13日、レギュラーMCを務めていた「スタジオパークからこんにちは」(NHK)でテレビ復帰。同局には多くのマスコミがコメント取りのため集まったが、淳子は完全スルー。さらに、淳子の自宅前に集まっていたマスコミに対しては、般若のような形相で睨みをきかせ「あなたたち、何やってるの! 私が何をしたんですかぁッ!」と、怒鳴り散らしたというのだ。

 このエキセントリックな対応が報じられると、ネット上では「まったく反省してないな」「涙の謝罪会見は何だったの?」「息子の事叱れよ」「喉元過ぎて熱さ忘れたのか」など、批判的な意見が殺到した。

 芸能ジャーナリストも「あきれた行為」と斬り捨てる。

「淳子は“庶民的な女優”のイメージがありますが、14年秋の叙勲で紫綬褒章を受章したことでプライドが高いんです。また、息子の件に関しては“ハメられた”という思いが強いのでしょう。100歩譲ってハニートラップだったとしても、それに乗っかるほうが悪い。しかも、今回の件は被害者がいるんです。マスコミにブチギレるなら、息子にキレろと言いたい。今回の件でイメージはますます悪化、これでテレビドラマ復帰は遠のきましたね」

 息子を溺愛するあまり、不起訴になったとはいえ、裕太氏のやってしまったことの重大さがわかっていないのだろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング