「おんな城主 直虎」三浦春馬、わずか12週での絶命に“井伊直親ロス”が発生

20170329_asajo_miura

 3月26日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、柴咲コウ演じる次郎法師(のちの井伊直虎)の幼馴染である井伊直親(三浦春馬)が、今川家の策略にはまり非業の死を遂げた。ドラマとはいえ史実どおりの絶命に、ネット上では「オープニングから泣いた」「立ち直れん」「大河見る意味なくなった」など“直親ロス”の声が多数書き込まれている。

「ドラマが始まってわずか12週での死に納得がいかない人も多いのかもしれません。この点についてはチーフプロデューサーもスポーツ新聞のインタビューで、『城主になってからの直虎の奮闘を描くためには仕方がないというのが正直なところ』と答えています。今回、前田吟、苅谷俊介、筧利夫らが演じる井伊家の武闘派ベテラン勢も、ナレーションで死が伝えられる“ナレ死”してしまい、ホームページの相関図のトップは半分以上が死を表す白黒画像という異常事態です」(芸能ライター)

 晴れて次郎法師が井伊直虎となり、新たな展開が始まるのだが、ドラマを支えるのは直虎ともう1人、高橋一生演じる小野政次だ。

「次郎法師、直親とともに幼馴染として育った政次。次郎法師は策にはまった直親には『どんな卑怯な手を使っても生きて帰って来い』と言い、直親は死去。そして、相手に取り入る形で生きて帰ってきた政次には罵倒。井伊家のためにしたことで、井伊家の姫にここまで言われるのは、さぞかしつらい思いだったでしょう。今後、悪者を演じながら井伊家を守ることになる政次=高橋の演技力に期待したいですね」(女性誌記者)

 ドラマはまだおよそ4分の1。今後の展開、そして今後の新たな登場人物に注目だ。

関連記事:三浦春馬の笑みにキュン死!NHK大河「直虎」は壮大な歴史恋愛ドラマ? http://asajo.jp/excerpt/23813

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング