ジャニー喜多川社長がつけてきた「珍妙キャッチフレーズ」を総まくり

20170505_asajo_johnnys

 昭和の時代にデビューしたアイドルは、必ずキャッチフレーズを付けられた。もっとも有名なところでは井森美幸。「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」だったが、48歳になった今もまだ誰のものにもなっていない独身であるため、イジられる対象になっている。

 実はジャニーズタレントにもさまざまなフレーズがあった。ジャニーズの場合は、ジャニー喜多川社長がフレーズとグループ名を決めてきた。アイドル事情に精通するフリーエディターに話を聞いた。

「たのきんトリオもジャニーさんの発案です。田原俊彦の“た”、野村義男の“の”、近藤真彦の“近”を“きん”と読ませたものでした。キャッチフレーズで有名なのは光GENJI。1987年にデビューしたときは、『超新星からのメッセージ』と付けられました。デビュー曲が『STAR LIGHT』だったので、星がマストだったんでしょうね。翌88年にデビューした男闘呼組は、『ジャニーズ事務所の落ちこぼれ』。自虐的ですが、不良っぽさがセールスポイントだったので、これで正解なんです」

 1989年に結成、1991年に歌手デビューしたSMAPは、周知の通りSports、Music、Assemble、Peopleの頭文字を取ったもの。昨年末の解散時、ジャニー氏は、「素晴らしい(S)、メモリー(M)、ありがとう(A)、パワー(P)」と発言しているが、その切り返しのセンスも抜群だ。SMAPのキャッチフレーズは、「光GENJIの弟分」。これはぶっちゃけ、手抜き感が否めないが。

「キャッチフレーズが存在した最後の世代が、1994年デビューのTOKIO。『ダテに待たせたワケじゃない』でしたが、それはジャニーズJr.だった期間が長かったため、そういうフレーズが必要だったんです」(前出のフリーエディター)

 キョンキョンも明菜も、聖子も付けられたキャッチフレーズ。アイドル歌手全盛のあの時代が懐かしい。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング