“線路オバサン”松本伊代&早見優のアイドル活動再開に疑問の声

20170422_asajo_matsumoto

 喉元過ぎれば‥‥には早すぎませんか?

 今年1月14日に京都府内のJR山陰線の線路に立ち入り、そこで撮影した写真をブログにアップしたことで騒動に。最終的に2月に書類送検、2月12日には謝罪会見まで行ったタレントの松本伊代と早見優。2人に悪気はなかったとはいえ、写真にはおもいっきり「立ち入り禁止」の札が写り込んでいるというお粗末ぶりで「いつまで16歳のつもりなんだ!」と一斉非難を浴びたことは記憶に新しい。

 その後、2人は一時的にブログ更新をストップしていたが、3月4日に早見は再開。松本はまだ様子見でストップしたままだったが、4月半ばのここにきて「世間のほとぼりも冷めた」と判断したのか、2人揃っての活動に動きが見えるという。

「『週刊ポスト』が最新号でこの2人プラス、森口博子を加えた3人をドキュメントグラビアで紹介。3人が1月に行った『わが青春のアイドルヒットステージ80’s』の様子を紹介しています。このコンサートは松本と早見が“線路に立ち入った”ちょうど1週間後の1月21日に群馬県で行われたものですが、まさかその後に書類送検されるとは夢にも思っていないですから、2人ともノリノリの表情。おそらくこのグラビア、あの騒動さえなければもっと早い時期に掲載されたのでしょう。しかし、いかんせん書類送検ですし、その後、あの線路内に一般の野次馬が立ち入る行為が増えて問題視されていることから、ボツになってもおかしくなかったはず。それがなぜここにきて掲載されたか考えると、4月27日に再び3人揃ってのコンサートを大阪で開催することの宣伝になるタイミングで、世間もそろそろ許してくれるのでは?と無理やり天秤にかけた結果でしょう」(週刊誌記者)

 とはいえ、1曲目に「なんてったってアイドル」のカバーをしたと伝える今回のグラビアにはネット上でも賛否両論。「昔のファンが見たいならいいじゃない」という声のある一方で、「書類送検なんだから1年ぐらいおとなしくできないの?」「芸能界って何をやってもすぐに自分を許すよね」と苦言やあきれ声も少なくない。

 今度はステージで線路ネタでもかますのだろうか?

(佐々木たける)

関連記事:“線路立ち入りコンビ”早見優はブログ再開、松本伊代は休止続行のワケとは? http://asajo.jp/excerpt/25778

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング