ゲス・川谷絵音の「好きだった」告白にベッキーは何を思ったか?

20170508_asajo_kawatani

 バンドユニット「ゲスの極み乙女。」と「indigo la End」のボーカル・川谷絵音が5月7日、「ワイドナショー」(フジテレビ系)に登場。川谷が地上波の番組に出演するのは10カ月ぶり。

 スタジオに現れるや、MCの松本人志から「ゲスが出たぞ~」とイジられ、苦笑した川谷。番組では、ベッキーとの不貞発覚で弁明や謝罪会見をしなかったことについて釈明。また、ベッキーを長崎旅行に連れ出したことについて「僕がクズすぎて。本当に謝りたい」と猛省したが、ベッキー本人のことは、騒動中も“好きだった”と明かした。また、当時の想いを込めた曲も発売している。

 この今更ながらの“告白”について視聴者は「印象が変わった」と好意的に見る向きもあったが、概ね「自分のゲスを棚に上げて、さすがゲス極!」「ゲスを通り越して外道と感じる」などの厳しい意見が殺到。「ベッキー1人を矢面に立たせた男」という印象がさらに色濃くなったようだ。

 芸能ジャーナリストも「川谷のゲス感が増した」という裁定。

「出演目的は、あくまでも自身のCDの宣伝でした。いまは、ほのかりんと交際しているのに、ベッキーに対し未練たらたら。ほのかに失礼ですよ」

 一方のベッキーは、どんな気持ちで川谷の言葉を聞いたのだろうか?

「大きな代償を払ったベッキーとすれば、思い出話にされても困る、というところでしょう。ただ、誰よりも川谷が1番に愛していたのは私と確認できたという意味では、女心として悪い気はしないはず」(女性誌記者)

 焼けぼっくいに火がつくことだけはなさそうだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング