こんなにあった! 羽生結弦の実況で飛び出した「23」のホメ英語

20170512_asajo_hanyuu

 フィギュアスケートの16年から17年にかけてのスケートシーズンが終わり、選手もファンもひと息ついているのかと思いきや、熱烈な羽生結弦選手のファンには、休む暇などないようだ。

「みなさん、今シーズンや過去の大会の海外のインタビュー記事、ニュースなどから情報を集めています。あるファンは、海外での羽生選手の演技の表現が多彩すぎることをネットで紹介していました」(スポーツライター)

 実況のなかで羽生の演技をどう表現するかをリサーチしてみたところ「素晴らしい」にあたる言葉だけでも「excellent」「awesome」「magnificent」(素晴らしい)、「amazing」(びっくりするほど素晴らしい)、「brilliant」(技巧的に素晴らしい)、「superb」(他を圧倒するほど素晴らしい)と6種類もの言葉で賞賛していたという。

「ほかにも『incredible(信じられないほど)』、『beautiful(美しい)』、『epic(偉大な)』、『priceless(値段のつけられない)』、『stunning(素敵)』、『dazzling(目もくらむ)』、『exceptional(並外れた)』、『majestic(威厳のある)』、『exquisite(非常に美しい)』、『mesmerizing(うっとりさせる)』、『sublime(崇高な)』、『spectacular(壮観な)』、『perfect、flawless(完璧な)』、『breathtaking(息を飲むような)』、『graceful(優美な)』、『spellbinding(魅惑的な)』など、どれも羽生の姿が目に浮かぶような、演技を表現するに相応しい言葉ばかりです」(前出・スポーツライター)

 羽生選手の活躍は、日本でも大学の英語の教科書に取り上げられているが、ここまで多様なホメ言葉が並べば、さぞかしいい勉強になることだろう。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング