リアーナ、シリア難民に毛皮のコートを寄付するよう求められる

20170518_asajo_riahna

 グラミー賞歌手のリアーナが、シリア難民に毛皮のコートを寄付するよう動物愛護団体から求められている。「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」は、リアーナがクリスチャン・ディオールによる2018年のクルーズ・コレクションのファッションショーで同ブランドのひざ下丈の毛皮のコートを着用していたことを批判、その毛皮のコートをシリア難民のような本当にそれを必要する人々に寄付するよう求める手紙をリアーナに送った。

 PETAのスポークスマン、アンドリュー・バーンスタイン氏は、その手紙の中でこう訴えている。

「我々は先週のディオールのイベントで、毛皮を着ているあなたを見てがっかりしたというファンからのたくさんのコメントを目の当たりにしました。我々のように彼らも、あなたが毛皮を持つことをやめ、何も殺さずに魅了できるようなスタイルを選んでくれることを願っています。

 さらに、あなたの毛皮を我々に寄付することをお願いしたい。すべての毛皮のアイテムが、狐、ミンク、コヨーテなどにすさまじい痛みを与えることになります。毛皮産業により、たたかれ、感電死させられ、毒ガスを見舞われ、しばしば生きているまま皮を剥がされます。さらに、毛皮は人間にも大きな損失をもたらします。

 過去に我々はシリア難民やホームレスに毛皮を送ったことがありました。あなたがハーバード大学の人道主義者賞の受賞スピーチで雄弁に述べたように、このことは『ポジティブな意味でたくさんの命に』影響を与えました」

 2015年、PETAは毛皮のコート約100点をフランスに住むシリア難民に送っている。リアーナは現時点では、PETAの手紙に対するコメントを出していない。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング