“裏切り男”トレエン斎藤を倉田真由美が擁護した悲しすぎる理由

20170524_asajo_kurata

 5月18日発売の「週刊文春」の報道で新恋人との同棲が明るみに出た、トレンディエンジェルの斎藤司。不遇の時代を支え、結婚を前提に付き合っていた糟糠の彼女・チャンマさんを“ポイ捨て”し、いまもメディアからバッシングを浴びている。

 そんな斎藤に救いの手を差し伸べたのが漫画家の倉田真由美だ。22日に放送されたワイドショー「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で斎藤の新恋人問題が取り上げられ、出演者からは「斉藤が嫌いになった」「よくある話」など不快感や無関心の声が飛び交った。そんな中、“斎藤擁護派”の立場を取ったのが倉田だった。

「好きだから、お互い付き合っていたわけじゃないですか。それは(斎藤)が売れていようが、売れてまいが関係ない話で。売れてないときに付き合っていたからといって、売れたら“さあ、返してもらうよ”みたいな発想は、私とは相容れない」とキッパリ。さらに倉田の発言はエスカレートする。

「心変わりをするのを責めてもしょうがないのよ。赤の他人が『売れない間に付き合っていた人を捨てた!』なんて責めてもナンセンス」と語気を強めた。

 そんな倉田について、女性誌記者が同情しながらこう話す。

「倉田は2009年に映画プロデューサーと再婚しましたが、夫の女性遍歴が凄まじく、離婚歴3回、600人と関係を持ったともいわれる“肉食系だめんず”。しかし、もう6年以上も夜の営みがないことを倉田は明かしています。夫が他の女にうつつを抜かして、自分の体に関心がないことを悟っているのでしょう」

 男が心変わりをするのを責めてもどうにもならないことは、倉田が一番わかっているのかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング