多岐川華子が「華子」に改名も「再婚して家庭に入ったほうがいい」の声

20170527_asajo_takigawa

 5月22日放送の「もしかしてズレてる?」(フジテレビ系)に出演した華子こと旧芸名・多岐川華子。2年前から母親や事務所に内緒で週に3回、不動産会社の事務としてバイト生活をしていると明かし、話題になっている。

 華子は11年1月に俳優の故・松方弘樹の息子、仁科克基と結婚。しかし翌12年10月にスピード離婚。離婚をネタにされるバラエティ番組の出演を断り続けているうちに仕事が激減した。15年には芸能活動を辞めようと一度は決意するも、「母の名前を借りずにゼロからスタートする」との決意を込めて、16年4月より芸名を「華子」に変更したという。

「いくら2世タレントといえども、芸も話題性もなければ仕事は回ってこないのが芸能界。代わりはいくらでもいますからね。今回の出演も“あの多岐川裕美の娘の華子がバイト生活をしている”という話題性で出演できたわけで、他に強い武器があるわけではない。芸能関係者の間では、華子はもう芸能界から足を洗って“ちょっとキレイな一般人”として、現在の不動産会社の仕事に専念しながら結婚相手を見つけて、幸せな再婚をしたほうがいいのではないかと言われています」(女性誌記者)

 番組では婚活をスタートさせ、3人の再婚候補とすでに会ったと明かした華子。「華子再婚」のニュースは意外と早く聞けるかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング